診療マル秘裏話   号外Vol.1095 平成30年2月10日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
  
1)次世代ヘルステック・ビッグデータ利活用事業
2)乳酸菌菌体外多糖が、腸内で免疫細胞を活性化














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 




 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 次世代ヘルステック・ビッグデータ利活用事業












 岩手県、薬王堂(矢巾町、西
郷辰弘社長)はセルスペクト(
盛岡市、岩渕拓也代表取締役)
と行う「次世代ヘルステック・
ビッグデータ利活用事業」で4
月から盛岡市内の1店舗で買い
物客向けの無料の健康チェック
サービスを開始します。当初は
実証実験と位置づけ8月以降は
10店舗で行い、10月から正式
に稼働します。集めた健康デー
タと買い物による消費行動情報
を統合・解析し健康寿命の延伸
を図ります。

 健康チェックはセルスペクト
が開発したPOCT(臨床現場
即時検査)型検査装置を使用し
ます。 自己採血による1滴の
血液から血糖値、HbA1c、
中性脂肪、HDL-コレステロ
ール、LDL-コレステロール、
AST(GOT)、ALT(G
PT)、γ-GTの計8項目を
測定します。結果は10分程度
で分かります。唾液による口内
環境や肌状態のチェックの追加
も予定しています。

 健康データと消費行動情報は
クラウド上で統合・解析します。
この情報を医薬品メーカーなど
に販売し、健康につながる商品
やサービスの開発に活用しても
らいます。

健康ビックデーターで、第4次

産業革命という動画です。

 

 

 



 あれ肌状態が常態化する。笑












◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆












2】 乳酸菌菌体外多糖が、腸内で免疫細胞を活性化











 乳酸菌が細胞外に作り出す菌
体外多糖(EPS)が、腸内で
免疫細胞を活性化させることが、
マウスを使った実験で明らかに
なったと、フランスのパスツー
ル研究所(本部パリ)のジェラ
ール・エベール教授らが発表し
ました。
 研究は大手食品会社「明治」
(東京都中央区)と共同で行い
ました。実験ではまず、特定の
乳酸菌が産生したEPSを、マ
ウスに1週間投与しました。蒸
留水だけを同様に投与したマウ
スと比較した結果、腸管にある
複数種の免疫細胞が活性化され
たということです。
 具体的には、腸管内で免疫活
性化を示す物質を産生した細胞
がどのくらいあるかを種類ごと
に比較しました。免疫細胞の一
種「CD4Tαβ細胞」で比べ
ると、EPS投与マウスは蒸留
水投与マウスの約2倍の割合で
活性化、「CD8Tαβ細胞」
では約4倍に達したと評価して
います。
 パスツール研究所は感染症、
微生物学、免疫学などで有名な
生物医学研究センターです。エ
ベール教授が率いる「微小環境
と免疫」研究ユニットは2014年
1月以降、明治から乳酸菌株の
提供を受け、免疫作用のメカニ
ズムや有効成分について今回の
共同研究を行ってきました。
 腸内細菌と免疫力の研究は、
最近急速に発展しています。何
百種類にも及ぶ細菌で構成する
環境「腸内フローラ」と、健康、
疾患の関係が特に注目されてい
ます。

このニュースのニュース動画

です。

 

 

 

 

 



 乳酸菌が産生したEPSを、
人間に投与することに賛成。笑











◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆











編集後記


「次世代ヘルステック・ビッ
グデータ利活用事業」で4月か
ら盛岡市内の1店舗で買い物客
向けの無料の健康チェックサー
ビスを開始したというのは結構
なことです。買い物客は、無料
で受けられ、情報が欲しい医薬
品メーカーなどは、買い物客の
健康データと、消費行動情報を
統合した情報が得られるという
ことになり、薬王堂とセルスペ
クトはその対価のお金を得ると
いう寸法になっています。セル
スペクトは、測定機械を投資し、
薬王堂は、買い物客の情報をと
れるように努力した結果となり
ます。情報商法の一番の弱点は、
情報の漏えい、情報提供者が、
協力してくれない等の点になり
ます。そこを気を付ければ良い
循環が得られるでしょう。
 乳酸菌が細胞外に作り出す菌
体外多糖(EPS)が、腸内で
免疫細胞を活性化させることが、
明らかになったのは素晴らしい
業績です。以前から腸内細菌の
作り出す環境が免疫細胞に影響
することはうすうす分かってい
ました。善玉菌の乳酸菌が菌体
外多糖を作り出し、免疫細胞が
それによって活性化されるとい
う具体的な知見が分かってきた
ことは評価に値すると思われま
す。乳酸菌などの善玉菌を腸に
届くようにカプセルに入れて、
投与しても通過菌になってしま
うという説があります。元々の
善玉菌を増やし、免疫細胞活性
を上昇するには、菌体外多糖の
ような物質が必要かと思われま
す。

 菌体外多糖の研究で、勤怠を
調査する。笑













************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。