診療マル秘裏話    号外Vol.1130 平成30年3月23日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
 
1)日本人はあがり症で遺伝的要因が関与している
2)イタリアから輸入されたサラミから黄色ブドウ球菌
















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 




 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 日本人はあがり症で遺伝的要因が関与している












 あいさつなど人前で話す際、
緊張し過ぎて、しどろもどろに
なってしまった経験はないでし
ょうか。なぜ、あがってしまう
のでしょうか。その対策とは何
でしょうか。

 あがるとは「緊張によって頭
に血がのぼり、平静ではいられ
ない状態」を指します。

 一般的な日本人は不安やプレ
ッシャーに弱く、あがり症も多
いとされています。神経内科医
で生理学研究所(愛知県岡崎市)
教授の柿木隆介さんによると、
あがり症には、遺伝的な要素が
関係しているということです。

 脳内神経伝達物質のセロトニ
ンは人の感情に影響を与えます。
セロトニンの量を調節する蛋白
質の遺伝子にはS型とL型の2
種類があり、組み合わせでSS
型、SL型、LL型に分類され
ます。

 S型が多いほど内向的で不安
を感じやすくL型が多いと社交
的で活動的になります。世界の
中でも日本人はS型を持つ割合
が高く、不安に弱く、あがりや
すいということです。

 人は不安を感じると、アドレ
ナリンとノルアドレナリンが、
分泌され、交感神経の働きが強
まります。心拍数や血圧が上が
り、冷や汗が出たり、口の中が
渇いたりします。これがあがっ
た状態ですが、適度な緊張は、
集中力を増し、プラスに働く事
もあります。

 しかし、「過度に緊張してし
まうあがり症は、交感神経がよ
り敏感なため、声や手が震える
などの症状がより強く出てパニ
ックになることもある」と柿木
さんは話しています。

 過度な緊張状態が、脳の記憶
に関わる器官に伝わると、過去
に同様のことで失敗した記憶が
どんどん思い出され、何も考え
られなくなる。いわゆる「頭が
真っ白」な状態です。

 あがり症は治らないのでしょ
うか。柿木さんは「性格は遺伝
子だけで決まらない。後天的な
要素も大きい」と指摘していま
す。環境の変化などで、内気な
人が、社交的になるケースも多
いとされています。

 大切なのは、自信を持つこと
です。何度も反復練習をする事
が重要です。スピーチの原稿を
作ったら何回も読み上げます。
地味で時間のかかる作業の積み
重ねが、自信と安心感を与えて
くれるということです。柿木さ
んは「成功体験を重ね、記憶の
上書きをしてほしい」と話して
います。

あがり症、赤面症を克服する、

方法について解説している動画

です。

 

 

 



 地震が発生しても自身の自信
は揺らがない。笑












◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆












2】 イタリアから輸入されたサラミから黄色ブドウ球菌











 横浜市は2月27日、イタリア
から輸入されたサラミから基準
値の14.6倍の黄色ブドウ球菌が
検出されたと発表しました。輸
入されたほぼ全ての1415個が、
店頭で販売されるなどしていま
すが、同日までに健康被害の届
け出はないということです。

 市によると、黄色ブドウ球菌
が検出されたのは、イタリアの
加工業者「フマガリ」の袋詰め
の200グラム入りのサラミで
す。賞味期限は3月26日で、バ
ッチ番号は1234228です。

 2月19日に、仙台市であった
商品のサンプリング検査で基準
値超えが発覚しました。横浜市
に通報がありました。市は2月
27日、輸入業者の「ノルレェイ
ク・インターナショナル」(横
浜市中区)に回収命令を出しま
した。

炊き出しのおにぎりから黄色ブ

ドウ球菌が検出されたという、

ニュース動画です。

 

 

 

 



 改修工事で不正があり、資材
の回収命令が出た。笑











◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














編集後記


 一般的な日本人は不安やプレ
ッシャーに弱く、あがり症も多
いとされています。あがり症に
は、遺伝的な要素が関係してい
るということで、脳内神経伝達
物質のセロトニンは人の感情に
影響を与えます。セロトニンの
量を調節する蛋白質の遺伝子に
はS型とL型の2種類があり、
組み合わせでSS型、SL型、
LL型に分類されます。S型が
多いほど内向的で不安を感じや
すくL型が多いと社交的で活動
的になります。世界の中でも日
本人はS型を持つ割合が高く、
不安に弱く、あがりやすいとい
うことです。大切なのは、自信
を持つことです。 何度も反復
練習をする事が重要です。スピ
ーチの原稿を作ったら何回も読
み上げます。地味で時間のかか
る作業の積み重ねが、自信と安
心感を与えてくれます。
 横浜市は2月27日、イタリア
から輸入されたサラミから基準
値の14.6倍の黄色ブドウ球菌が
検出されたと発表しましたが、
これは由々しきことです。また
輸入されたほぼ全ての1415個が、
店頭で販売されるなどしていま
すが、同日までに健康被害の届
け出はないということは不幸中
の幸いと言えましょう。ブドウ
球菌は、抗生物質で排除しよう
とすると全て、メチシリン耐性
ブドウ球菌いわゆるMRSAに変わ
ってしまうからです。 MRSAを
排除するには大変な労力を必要
とします。感染経路の解明が、
必要かと思われます。眼に見え
ない細菌感染は、本当に恐ろし
いもので、それが店頭で販売さ
れていたということになると、
責任問題はついて回るものと考
えます。

 最近の細菌感染症は怖い。笑











************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。