診療マル秘裏話  号外Vol.1274 平成30年9月7日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
 
1)風疹の患者数が関東地方で急増し予防接種徹底
2)砂糖の日中摂取で脂肪肝や高脂血症予防となる















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 




 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 風疹の患者数が関東地方で急増し予防接種徹底











 風疹の患者数が、千葉県など
関東地方で急増しており、厚生
労働省は都道府県などに対し、
予防接種の徹底などを呼びかけ
る通知を5年ぶりに出しました。
人の行き来が多い夏休み期間中
のため、感染が全国に広がる恐
れがあるとしています。

 国立感染症研究所の集計では、
今月(8月)8日時点での今年
の風疹の患者数は96人で、昨年
1年間の93人を上回りました。
7月23日からの2週間だけで38
人に達しました。

 都道府県別では、千葉県が26
人で最も多く、東京都が19人で
続いています。男性が7割を占
め、30~50歳代が多くなってい
ます。ワクチン接種の割合が低
い年代のためとみられています。

 風疹は、感染から2~3週間
で発症し、発熱や発疹、リンパ
節の腫れなどの症状が出ます。
妊娠初期に感染すると、赤ちゃ
んに難聴や白内障などが起こる
恐れがあり、特に注意が必要で
す。

 通知は患者数が約1万4000人
と大流行した2013年以来となり
ました。医療機関に対し、発熱
や発疹で患者が受診した場合、
風疹の可能性を考慮して診療す
るよう注意を促しています。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 

 

 



 夏休み期間に医療機関を受診
する。笑













◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 砂糖の日中摂取で脂肪肝や高脂血症予防となる













 砂糖を日中に取るようにすれ
ば、同じ量を食べても脂肪肝や
高脂血症になりにくいことを、
名古屋大の小田裕昭准教授(時
間栄養学)らの研究チームがラ
ットを使った実験で明らかにし、
8月16日付の米科学誌プロスワ
ンに発表しました。

 砂糖の取り過ぎはメタボリッ
ク症候群の一因とされ世界保健
機関(WHO)は成人の1日の
摂取量を小さじ6杯程度までと
する指針を示しています。小田
准教授は「食べ過ぎないことが
大事だが、量を減らせないなら
昼間に食べた方がいい。メタボ
の予防や改善につながる可能性
がある」と話しています。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 

 

 

 



 佐藤さんが、メタボ予防のた
め、日中に砂糖を食べた。笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記




 風疹の患者数が、千葉県など
関東地方で急増しており、厚生
労働省は都道府県などに対し、
予防接種の徹底などを呼びかけ
る通知を5年ぶりに出したとい
うのは由々しき事態です。風疹
は、感染から2~3週間で発症
し、発熱や発疹、リンパ節の腫
れなどの症状が出ることが分か
っています。このような症状は、
免疫の状態が良い成人では問題
にならない程、軽いとされてい
ますが、妊娠初期に感染すると、
赤ちゃんに難聴や白内障などが
起こる恐れがあり、特に注意が
必要です。ただこのような感染
の状態は予測されているため、
若い女性(女子学生を含む)に
予防接種が徹底されていたため、
感染者が男性に多いのだと思わ
れます。 ただし、予防接種は、
完全に風疹を予防できるもので
はないということを肝に銘じて
頂きたいと思います。
 砂糖を日中に取るようにすれ
ば、同じ量を食べても脂肪肝や
高脂血症になりにくいことを、
研究チームが、ラットを使った
実験で明らかにしたことは興味
深い結果となりました。ただし、
ラットとマウスは違うというも
のの、マウスで脂肪肝のモデル
マウスを作るためには、人間の
ように摂取カロリーを多くすれ
ば良いという訳ではなく、メラ
ノコルチンという、ホルモンの
欠損マウスを作る、あるいは、
特殊な餌を与えないと、脂肪肝
のモデルマウスにならないとい
うことが、分かっています。鼠
は、たくさん食べても脂肪肝に
なりにくいことが、初めから分
かっているのです。従って脂肪
肝になりにくいのは、もともと
であった可能性があります。夜
間摂取との比較で、比較的脂肪
肝になりにくいということです
が、その結果を人間にあてはめ
るのは、早計な気がします。

 妊娠初期に、暑気払いをする。
















************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。