診療マル秘裏話  号外Vol.1280 平成30年9月14日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
 
1)膵内分泌腫瘍が良性か悪性か見極める方法発見
2)新作用機序オキサゾリジノン系合成抗菌剤発売















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 




 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 膵内分泌腫瘍が良性か悪性か見極める方法発見











 東京医科歯科大学の田邊 稔
教授と工藤篤講師のグループは、
希少疾患である膵内分泌腫瘍(
NET)が良性か悪性か見極め
る方法を発見しました。良性の
NETも存在する一方、肝臓に
転移する場合は予後不良につな
がる悪性とされています。これ
まで肝転移のメカニズムが不明
でしたが実験により特定の遺伝
子群が関与していることを確か
めました。成果は科学誌「アナ
ルス オブ サージャリー」オ
ンライン版で発表しました。

 膵原発巣の凍結切片からメッ
センジャーRNAを抽出し、「
同時性肝転移」を起こす腫瘍と
手術時点で転移を起こしていな
い腫瘍を比較しました。 その
結果、転移する腫瘍では、膵β
細胞遺伝子群の発現が低下して
いたこと、なかでもPAX6遺
伝子が顕著に低下していたこと
が分かりました。

 さらに手術時点で転移してい
ない腫瘍も観察しました。この
場合もPAX6発現が低下して
いると後に転移する「異時性肝
転移」が起こることが分かりま
した。逆にPAX6が多く発現
している場合、罹患しても生存
率の高い良性NETである可能
性が示唆されました。

 NETは100年前に発見さ
れましたが、発症頻度が10万
人に3人程度と極めて少ないた
め、詳しい仕組みは不明でした。
良性と悪性を分かつ基準として、
これまで腫瘍の大きさ等が提案
されていました。研究グループ
はPAX6をはじめとする膵β
細胞遺伝子群の方が危険因子と
して適当としています。現在は
非侵襲的な検査手法を開発して
おり、3年後の実用化を目指し
ています。

神経内分泌腫瘍について解説し

ている動画です。

 

 

 



 主要な腫瘍を鑑別する。笑
















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
















2】 新作用機序オキサゾリジノン系合成抗菌剤発売













 MSDは8月21日、オキサゾ
リジノン系合成抗菌剤「シベク
トロ錠/点滴静注用200mg」
(一般名・テジゾリドリン酸エ
ステル)を発売しました。メチ
シリン耐性黄色ブドウ球菌(M
RSA)に有効な抗菌剤です。
1日1回投与します。 深在性
皮膚感染症、慢性膿皮症、外傷・
熱傷や手術創などの2次感染、
びらん・潰瘍の2次感染に対し
て使われます。 製造販売元は
バイエル薬品ですが、MSDが
販売元となり、情報提供活動も
MSD単独で行います。

抗MRSA抗菌剤について解説し

ている動画です。

 

 

 

 



 帝京大学病院で情報提供活動
を行う。笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記




 希少疾患である膵内分泌腫瘍
(NET)が良性か悪性か見極
める方法を発見したのは画期的
業績です。良性と悪性を分かつ
基準として、これまで腫瘍の大
きさ等が提案されていたという
ことですが、特異性に欠ける気
がします。腫瘍の大きさが大き
くても、肝転移を起こさず良性
の腫瘍が比較的多く存在すると
考えられるからです。悪性腫瘍
は、超早期で発見されたとして
も、発見時には、指数関数的に
増殖が行われていて、大きさは
時系列でみると末期になればな
るほど、大きくなる傾向があり、
良性、悪性の判断をつけるのは、
難しいと思われます。超早期で
発見されても、治療が遅れると
3年後には末期ということにな
ってしまいます。ただ良性腫瘍
では、大きさが大きくなっても
末期ということには、ならない
でしょう。
 オキサゾリジノン系合成抗菌
剤「シベクトロ錠/点滴静注用
200mg」(一般名・テジゾ
リドリン酸エステル)を発売し
たのは、素晴らしいことです。
現在の所、MRSA等の耐性菌にも
効くという所が、最大の売りと
いうことでしょう。2001年5月
にファイザー製薬から同系統の
商品名:ザイボックス(一般名
:リネゾリドが発売されていま
すが、試験管内のMIC 等では、
ザイボックスより、シベクトロ
の方が、優れているそうです。
使用上の注意には、感染症治療
に十分な知識と経験を持つ医師
の指導のもと行うこととありま
す。一般の開業医が使うことは、
あまりない薬かも知れません。
ただ、知識としては、知ってお
くことが必要ですので、MSD の
MRさんに連絡して、院内で勉強
会を行ってもらおうと思います。

 中村獅童が演技指導をする。














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。