診療マル秘裏話  号外Vol.1350 平成30年12月4日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
 
1)男性のシミの原因としてプラスミンという物質が影響
2)毛包を増やし、移植する毛髪再生医療を実用化














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 男性のシミの原因としてプラスミンという物質が影響










 小林製薬は男性のシミの原因
としてプラスミンという物質が
影響していることを発見しまし
た。プラスミンは炎症性の物質
で、男性の肌の非シミ部に比べ
てシミ部のプラスミン活性が高
く、シミができやすい炎症状態
にあるのが要因に挙げられます。
プラスミン活性の抑制にはトラ
ネキサム酸が有効であることも
見いだしており、同社では応用
展開を進めていきます。

 「男性のシミは濃くて大きい」。
小林製薬が男性のシミの研究を
進めたところ、男性のシミは40
代から大きくなり、女性のシミ
に比べて濃くて目立つことが分
かりました。シミは中年以降の
男女を問わず好発する皮膚症状
です。 女性対象の研究は多数
報告されていますが、男性につ
いての報告は少ないことから男
女のシミの違いや原因を調べま
した。

 20~50代男性の世代間の
シミ保有者出現率を調べた所、
20代がほとんどなく30代が9%
程度なのに対して、40代は48%、
50代は51%と40代から急にシミ
が増加していました。そこで40
~50代男性のシミ部と非シミ部
の違いを調べたところ、シミ部
にプラスミン活性が有意に高い
(約1.5 倍)事が分かりました。

 男性のシミに効果がある成分
を調べると、トラネキサム酸に
高い効果があることが分かりま
した。シミのある男性10人に
トラネキサム酸を配合した試験
サンプルを1カ月使用してもら
った結果、メラニン値が有意に
低下しました。

 男性はスキンケアを行ってい
ない人が大半でUVケアも毎日
行っている人はほとんどおらず、
長年の生活習慣により紫外線ダ
メージや乾燥ダメージが蓄積し、
40代くらいで一気に表れると考
えられます。シミのない男性で
も女性と比べると、プラスミン
活性が高い傾向にあり、男性は
シミができやすい炎症状態にあ
るといえます。

 シミの大きさ、数、濃さを指
標として6段階のグレードに分
類して40代男性の顔写真を女性
に見てもらったところ、シミが
小さくて薄くなるほど女性から
見た目の印象が良くなることが
示されており、日頃のUV対策
や、シミ対策が重要といえそう
です。

男性のシミの治療について解説

している動画です。

 

 

 

 



 週刊誌で生活習慣の改善につ
いて寄稿する。笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















2】 毛包を増やし、移植する毛髪再生医療を実用化














 エーザイと子会社のEAファ
ーマは、11月8日、新規機序の
抗体「E6011」によるクロ
ーン病治療薬の開発を促進する
ため、6つの研究機関との間で
薬効予測マーカーの研究を始め
たと発表しました。E6011
はエーザイ子会社のカン研究所
が創製した世界初の抗フラクタ
ルカイン(FKN)抗体で、ク
ローン病などの適応症で第2相
試験が進んでいます。マーカー
が発見できれば実用化が加速し
ます。

 慶応義塾大学医学部、東京医
科歯科大学、北里大学北里研究
所病院、名古屋市立大学、鹿児
島大学、カン研究所の6機関と
の間で契約を結びました。開発
中のクローン病治療薬が、どの
患者さんに効きやすいかを見極
めるマーカーを共同で作ります。

 FKNは炎症性腸疾患や関節
リウマチといった炎症性疾患の
血管内皮細胞に発現します。E
6011はFKNに対する中和
活性を有し、既存のサイトカイ
ン療法とは異なる機序で炎症性
疾患を治療できる可能性があり
ます。

 E6011については、クロ
ーン病および原発性胆汁性胆管
炎を適応症とするP2をEAフ
ァーマが2016年4月から進
めています。今回の共同プロジ
ェクトは日本医療研究開発機構
(AMED)の事業に採択され
ました。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 

 

 



 仮足を、加速している様子が
可測となる方法を発見。笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















編集後記




 男性のシミの原因としてプラ
スミンという物質が影響してい
ることを発見したのは素晴らし
い業績です。男性はスキンケア
を行っていない人が大半でUV
ケアも毎日行っている人はほと
んどおらず、長年の生活習慣に
より紫外線ダメージや乾燥ダメ
ージが蓄積し、40代くらいで一
気に表れると考えられるという
ことですから男性もスキンケア
ーが必要ということになります。
紫外線ダメージについては、光
老化をケアーする必要があり、
光老化を改善するには、光老化
を引き起こしている一重項酸素
という活性酸素を除去する必要
があります。乾燥ダメージにつ
いてはコラーゲン蛋白質の糖化
を抑制する必要がありマイルド
な糖質制限が必要になります。
 エーザイと子会社のEAファ
ーマは、11月8日、新規機序の
抗体「E6011」によるクロ
ーン病治療薬の開発を促進する
ため、6つの研究機関との間で
薬効予測マーカーの研究を始め
たと発表したのは喜ばしいこと
です。開発中のクローン病治療
薬が、どの患者さんに効きやす
いかを見極めるマーカーを共同
で作るということですから治療
効果の判定が容易になると考え
るのが妥当だと思います。ただ
現在のクローン病の治療薬につ
いては、免疫抑制や免疫異常を
副作用として持つ場合が多くあ
り、このような副作用が少ない
治療薬について効果判定を急ぐ
必要があると私は考えています。
それ以前に食事の西洋化の改善
が必要であり、食事を改善する
だけで、副作用のある薬を最小
限にすることができれば幸いで
あると思われます。開発中の薬
は、あくまで開発中で、すぐに
患者さんに投与することはでき
ません。そのことを考慮に入れ
た食事療法をするべきだと私は、
考えます。

 乾燥ダメージについての男性
の感想を聞いた。笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。