診療マル秘裏話  号外Vol.1536 令和1年7月9日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
 
1)マラリア原虫スポロゾイトはCXCR4 誘導しメロゾイトに分化
2)生殖補助医療で出産の親子関係の民法特例法案














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









  
1】マラリア原虫スポロゾイトはCXCR4 誘導しメロゾイトに分化













 大阪大学は、6月12日、肝臓
細胞では宿主因子であるCXCR4
によって、マラリア原虫の形態
変化が起きることを発見したと
発表しました。この研究は、同
大学微生物病研究所の山本雅裕
教授(免疫学フロンティア研究
センター兼任)らの研究グルー
プによるものです。研究成果は、
米国科学誌「Journal of Exper
imental Medicine」に、同日付
で掲載されました。 マラリア
原虫は、蚊を媒介してヒトやマ
ウスに感染し、肝臓を経て赤血
球に侵入、さらに増殖してマラ
リアを引き起こします。WHO の
報告によると、アフリカや東南
アジア、中南米を中心に1年間
で2億人が新たにマラリア原虫
に感染し、年間40万人以上がマ
ラリアによって死亡しています。
現在、世界中の研究機関や製薬
会社が抗マラリア薬やワクチン
開発を行っていますが、未だ抗
マラリア薬やワクチンの開発に
は至っていません。

マラリア原虫には、蚊の体内に
潜伏する「昆虫期」と、マラリ
アの症状を引き起こす「赤血球
期」の間に、蚊の唾液腺から宿
主内に放出された昆虫期原虫(
スポロゾイト)が、まず宿主の
肝臓へと移動して肝臓細胞に侵
入した「肝臓期」と呼ばれる3
つの異なるステージがあります。
肝臓期では、寄生胞を形成し、
その中でスポロゾイトが赤血球
原虫(メロゾイト)に分化しま
す。この肝臓期のマラリア原虫
は、もともと紡錘形(バナナ型)
だったスポロゾイトの形態の中
央部が円形に膨らみ、完全な球
型に形態変化した後、最終的に
メロゾイトへと分化することが
30年前に報告されています。し
かし、このバナナ型から球型へ
の形態変化がいかにして起きる
のか、その分子メカニズムにつ
いては、これまで全く分かって
いませんでした。今回研究グル
ープは、バナナ型スポロゾイト
の球型メロゾイトへの形態変化
が、PKCζ に依存的することに
着目して研究を進めました。そ
の結果、PKCζ シグナルの標的
分子であるCXCR4 が肝臓細胞内
のカルシウムイオン濃度の上昇
を引き起こし、その結果、球型
のメロゾイトへと分化すること
を発見しました。

肝臓期のネズミマラリア原虫(P
lasmodium berghei)の分化には、
宿主因子であるHGF (肝臓細胞
増殖因子)やその下流のシグナ
ル伝達分子であるPKCζ が関与
すると報告されています。そこ
でまず、これらの分子が肝臓期
マラリア原虫の分化においてど
のステップに関与しているのか
詳細に調べました。その結果、
PKCζ を欠損させた細胞では、
スポロゾイトの侵入には影響が
ありませんでしたが、スポロゾ
イト侵入後に起こるバナナ型か
ら、球型への形態変化が著し
く阻害されることを発見しまし
た。そこで、これらの増殖因子
やシグナル伝達因子により発現
誘導される遺伝子群を網羅的に
解析した結果、CXCR4 の発現が
最も顕著に誘導されていること
が判明しました。

研究グループは次に、CXCR4 の
スポロゾイト形態変化における
役割を調べました。CXCR4 を欠
損させた肝臓細胞やCXCR4 の阻
害剤を用いた結果、スポロゾイ
トはこれらの細胞に進入できて
もバナナ型のまま分化が進まな
いという結果を得ました。また、
CXCR4 阻害剤をあらかじめ投与
したマウスでは、スポロゾイト
感染後の生存率が有意に改善し
ました。ケモカイン受容体であ
るCXCR4 は、活性化すると細胞
内カルシウムイオン濃度の上昇
が起きると知られています。そ
こで、スポロゾイト感染により
肝臓細胞でCXCR4 依存的にカル
シウムイオン濃度の上昇が起き
るかどうかを検討しました。そ
の結果、野生型細胞ではスポロ
ゾイト感染によりカルシウムイ
オン濃度の上昇が認められまし
たが、CXCR4 欠損細胞またはCX
CR4 阻害剤で処理した細胞では
スポロゾイト感染によるカルシ
ウムイオン濃度の上昇は全く認
められませんでした。また肝臓
細胞に感染させていない状態の
スポロゾイトを高カルシウムイ
オン溶液で培養すると、バナナ
型から球型への形態変化が起き、
さらに質的にもメロゾイトへの
分化が起きました。 これらの
結果から、カルシウムがスポロ
ゾイトからメロゾイトへの分化
を決定することが分かりました。
また、ヒトの熱帯熱マラリアを
引き起こすマラリア原虫(Plas
modium falciparum )でも調べ
た所、ヒトに感染するマラリア
原虫のスポロゾイトの形状も、
CXCR4 依存的に球型に変化し、
性質的にもメロゾイトへ分化す
ることが分かりました。

以上の結果から、肝臓細胞に侵
入したバナナ型スポロゾイトは
CXCR4 を誘導し、肝臓細胞での
カルシウムイオン濃度の上昇を
引き起こして、球型のメロゾイ
トへと分化することが示唆され、
CXCR4 が肝臓期のマラリア原虫
の分化に決定的な役割を果たす
宿主因子であることが明らかと
なりました。既に医薬品として
使われているCXCR4 阻害剤が、
アフリカ・東南アジア・南米の
発展途上国を中心に猛威をふる
うマラリアの新たな予防薬とな
ることが大いに期待されると、
研究グループは述べています。
CXCR4 阻害剤:カブトガニから
見つかったCXCR4阻害剤に抗HIV
活性があることが分かりました
が、同時に細胞毒性が高かっ
たので、細胞毒性が低く、かつ
CXCR4 阻害作用をもつものとし
て3種類の化合物が特定されま
した。T-22ぺプチド、AMD3100
【CXCR4 ケモカイン受容体拮抗
薬プレリキサホル(商品名モゾ
ビル皮下注24mg)】、ALX40-4
C(D体のアルギニンを9つ結合
したペプチド)は抗HIV活性が高
いことが分かっています。ただ
AMD3100【CXCR4ケモカイン受容
体拮抗薬プレリキサホル(商品
名モゾビル皮下注24mg)】は、
抗HIV 薬としてではなく、「自
家末梢血幹細胞移植のための造
血幹細胞の末梢血中への動員促
進」の適応があり、実際には、
顆粒球コロニー刺激因子(G-CS
F)製剤と併用使用します。

マラリアについて解説している

動画です。

 

 

 

 



 携帯の形態変化を認める。笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















2】 生殖補助医療で出産の親子関係の民法特例法案
















 自民、公明両党は、人工授精
など生殖補助医療で生まれた子
の親子関係を定める民法特例法
案を、今国会に提出する方向で
検討に入りました。第三者から
卵子の提供を受けた場合、出産
した女性を実母とすることなど
が柱で、野党側の協力を得て超
党派での提出を目指しています。
 民法は第三者が介在する出産
を想定しておらず、親子関係に
ついての法整備が課題となって
います。自民、公明両党は医師
の資格を持つ参院議員を中心に
法案を策定しました。6月11日
から野党と協議に入っており、
協力が得られれば、参院に共同
提出したい考えです。
 ただ、会期内に参院を通過し
なければ廃案となります。その
場合、自公両党は秋以降に法案
を再提出し、改めて成立を目指
す方針です。

アメリカの生殖補助医療につい

て解説している動画です。

 

 

 

 



 気になる装丁を想定する。笑













◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

















編集後記




 大阪大学が、6月12日、肝臓
細胞では宿主因子であるCXCR4
によって、マラリア原虫の形態
変化が起きることを発見したと
発表したのは偉大な業績です。
しかし、既に医薬品として使わ
れているCXCR4 阻害剤が、アフ
リカ・東南アジア・南米の発展
途上国を中心に猛威をふるうマ
ラリアの新たな予防薬となるこ
とが大いに期待されると書かれ
ていますが、既に医薬品として
使われているCXCR4 阻害剤とは、
【CXCR4 ケモカイン受容体拮抗
薬プレリキサホル(商品名モゾ
ビル皮下注24mg)】であり、抗
HIV 薬としてではなく、「自家
末梢血幹細胞移植のための造血
幹細胞の末梢血中への動員促進」
の適応があり、実際には、顆粒
球コロニー刺激因子(G-CSF )
製剤と併用使用し、副作用とし
て錯感覚・頭痛・下痢・悪心・
注射部位反応・疲労(各5%以
上)などがあり、重大な副作用
としてはショック、アナフィナ
キシー、脾腫、脾破裂が報告さ
れていることを忘れてはなりま
せん。
 自民、公明両党は、人工授精
など生殖補助医療で生まれた子
の親子関係を定める民法特例法
案を、今国会に提出する方向で
検討に入ったのは、喜ばしい事
です。自民党の野田聖子議員が
事実婚だった鶴保庸介議員から
精子を、アメリカ人女性から、
卵子提供を受けて、代理母とな
りましたが、民法上、生みの親
が育てられない子どもが、育て
の親と戸籍上も親子になる「特
別養子縁組」を結んではじめて
親子関係になれたそうです。精
子、卵子提供を受けたとは言え、
自分が出産した子どもが、特別
養子縁組を結ばないと親子関係
にならないという事に違和感を
覚えた人が多かったのではない
かと思われます。野田聖子議員
自身もそう感じたので、今回の
人工授精など生殖補助医療で生
まれた子の親子関係を定める民
法特例法案の提出に至ったので
はないかと推測しています。ち
なみにそんな野田さんのお子さ
んですが、産まれた頃から病気
を持っているそうです。病名は
さまざまなで「さい帯ヘルニア」
「脳梗塞」などだそうです。
障害を持つ息子さんと議員をし
ながら暮らす姿に感動しました。

 容姿を考えて養子縁組をする。
















************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。