診療マル秘裏話  号外Vol.1641 令和1年11月9日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次
 
1)がん専門病院で小児がんの専門医いない可能性
2)多剤耐性のアシネトバクター菌に19人院内感染















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】がん専門病院で小児がんの専門医いない可能性












 国立がん研究センターと国立
成育医療研究センターは、2016
~2017年の2年間に、がん治療
を始めた15~39歳のAYA(思
春期・若年成人)世代の患者が、
5万7788人だったと発表しまし
た。20歳以降から女性が増加し、
AYA世代全体では女性が4万
4946人で、男性(1万2842人)
の3.5 倍に達しました。両セン
ターは、がん診療連携拠点病院
など全国の844専門医療機関
で2016年1月~2017年12月に治
療を始めた患者さんについて、
40歳未満のデータを解析しまし
た。年齢層別にみると、15~19
歳は男性がわずかに多いのです
が、20歳以降では女性が大きく
上回っていました。14歳以下の
小児がん患者さんは4513人でし
た。調査の詳細は、国立がん研
究センターのウェブサイト(ht
tps://ganjoho.jp/reg_stat/)で
見られます。

AYA世代のがん患者さんへのイ

ンタビュー動画です。

 

 

 

 



 八票の差で発表を逃した。笑

















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 多剤耐性のアシネトバクター菌に19人院内感染













 国内最多の結核病床がある阪
奈病院(大阪府大東市)は10月
17日、2017年以降の2年間に、
入院患者19人が抗生物質の効か
ない多剤耐性のアシネトバクタ
ー菌に院内感染し、18人が死亡
したと発表しました。このうち
71歳の男性患者は感染が原因と
みられ、17人は因果関係が不明
ということです。アシネトバク
ター菌は免疫力が落ちた人が感
染すると肺炎などを引き起こし
ます。感染症法では発症が判明
した場合、速やかに保健所に報
告しなければなりませんが、同
病院は今年8月まで報告してお
らず、四條畷保健所から厳重注
意を受けました。同病院による
と、感染者のうち58~97歳の18
人が2017年2月~2019年8月に
死亡し、1人が現在も入院して
います。感染経路は不明で、発
症について院内の情報共有も不
十分だったという。他の感染症
の調査を依頼された外部の医師
が、遺伝子検査などで気付きま
した。記者会見した川瀬一郎病
院長は「報告を失念していた。
情報共有もできておらず、反省
している」と謝罪しました。 

このニュースのニュース動画で

す。

 

 

 



 毛色の違う方法で経路を探る。

















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















編集後記



 国立がん研究センターと国立
成育医療研究センターは、2016
~2017年の2年間に、がん治療
を始めた15~39歳のAYA(思
春期・若年成人)世代の患者が、
5万7788人だったと発表したの
は残念なことです。これから世
の中で活躍するという人ががん
になるのは、大きすぎる試練と
言う気がします。 小児がんの
専門家が少ないとメルマガに書
いたばかりですが、小児に続い
て、AYA(思春期・若年成人)
世代の患者さんが多いのも本当
に不幸なことと言えると、私は
感じました。がんの予防につい
ての本を出版中ですが、折角が
んの予防がある程度、世の中の
認知を得たとしても、これらの
若い世代が予防を行う前にがん
になってしまったらと思うとゾ
ットしました。
 国内最多の結核病床がある阪
奈病院(大阪府大東市)は10月
17日、2017年以降の2年間に、
入院患者19人が抗生物質の効か
ない多剤耐性のアシネトバクタ
ー菌に院内感染し、18人が死亡
したと発表したのは、残念なこ
とです。アシネトバクター菌は
免疫力が落ちた人が感染すると
肺炎などを引き起こします。感
染症法では発症が判明した場合、
速やかに保健所に報告しなけれ
ばなりませんが、同病院は今年
8月まで報告しておらず、四條
畷保健所から厳重注意を受けた
という隠蔽についてのニュース
にもショックを受けました。た
よりにしている結核病院でこの
ようなことが起こるのは本当に
残念でなりません。このような
ことが原因で、一つまた一つと
結核病院が少なくなるのは、恐
ろしいことです。

 班名が判明する。笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。