診療マル秘裏話  号外Vol.1643 令和1年11月11日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次
 
1)肩関節の腱板が切れると日常生活に支障を来す
2)植物由来の乳酸菌に抗アレルギー作用の存在を確認















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】肩関節の腱板が切れると日常生活に支障を来す












 肩関節にある「腱板(けんば
ん)」が切れて、肩の動きに異
常が表れたり、痛みを生じたり
する「肩腱板断裂」という外傷
があります。物を持ち上げる動
作が難しくなり、仕事や家事な
ど日常生活に支障を来します。
いったん切れてしまった腱板は
自然に元に戻ることはありませ
んが、治療により症状は改善す
るということです。脇田整形外
科(横浜市)で顧問を務める筒
井広明医師に聞きました。腱板
は、肩関節の肩甲骨と上腕骨(
腕の骨)をつなぐ筋肉の先にあ
る腱で、腕を上げたり、肩を回
したりする時に肩の関節を安定
させ、スムーズな動きを助ける
役割を担っています。ところが、
加齢により腱板が変性(老化)
して切れることがあります。こ
れが肩腱板断裂です。 60歳代
以降の発症が多いとされていま
す。初めは部分的な断裂から始
まりますが、放置すると完全に
断裂する恐れもあります。

 その原因について、筒井医師
は「姿勢が悪かったり、立位が
不安定な状態で歩いたりすると、
体は腕を使ってバランスを取ろ
うとします。その際、背骨と腕
をつないでいる肩甲骨の周りの
筋肉が硬くなり、肩甲骨の動き
が悪くなります。そして、肩甲
骨が腕の動きに追い付かなくな
った肩関節では、腱板が骨とこ
すれたり無理にねじられたりし
て、断裂しやすい状態になるの
です」と説明しています。

 加齢による腱板の変性以外に
も、日常動作の繰り返しや、テ
ニスや野球などで肩を酷使した
りすることで断裂する例もあり
ます。「四十肩や五十肩だろう」
と軽く考えて放置されることも
多いのですが、しっかりした診
断が必要です。肩腱板断裂を起
こすと、肩を動かすときに強い
痛みを生じるほか、肩に力が入
らず腕が上がらない、強い痛み
で夜眠れなくなるといった症状
が見られます。

 治療は、痛みや炎症に対する
消炎鎮痛剤やステロイド剤、ヒ
アルロン酸を用いた薬物治療と
並行して、リハビリで切れずに
残っている腱板や肩甲骨の周り
の筋肉を鍛えて肩の動きを回復
させます。症状が改善しなけれ
ば、切れた腱板をつなぎ合わせ
る手術を検討します。

 肩に違和感のある人は、姿勢
を確認した方が良いでしょう。
「理想的な姿勢は、横から見た
時に、耳、肩、骨盤、くるぶし
をつないだ線が一直線になりま
す。この姿勢が自然に保てるよ
うになれば、肩の負担が減り、
肩甲骨の動きが良くなります」
と筒井医師は言っています。肩
甲骨の動きを良くする体操も勧
められます。

肩腱板断裂について解説してい

る動画です。

 

 

 

 



 肩甲骨を回して、意気軒昂。
















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 植物由来の乳酸菌に抗アレルギー作用の存在を確認













 大塚製薬は、植物由来の乳酸
菌「B240」に抗アレルギー
作用があることを確認しました。
スギ花粉の曝露により、軽度の
アレルギー反応が起こる生活者
の緩和に、新たな選択肢となる
ことが見込まれます。この成果
は、高知市で開催された「日本
花粉学会第60回大会」で発表し
ました。

 乳酸菌B240は、東京農業
大学の岡田早苗名誉教授が発酵
茶ミヤンから分離した乳酸菌で
す。その後、同社の大津栄養製
品研究所と熊本大学が生体防御
機能の共同研究にあたり、これ
までに高いIgA産生誘導活性
などの有用性に関する成果を挙
げています。

 今回得られた新知見によると、
無作為化二重盲検プラセボ対照
試験を実施し、スギ花粉の曝露
により、過去にアレルギー反応
を示した経験を持つ健常な男女
34人(20~65歳)を対象に、乳
酸菌240を含有するタブレッ
ト或いは、乳酸菌が入っていな
いタブレット(プラセボ)を8
週間にわたり、毎日摂取しても
らいました。

 摂取開始前、4週目、8週目
にそれぞれ、被験者の曝露施設
でスギ花粉に3時間曝露される
作業を行ってもらい、30分ご
とに鼻水、くしゃみ、鼻づまり、
鼻のかゆみ、目のかゆみ、涙目、
鼻紙枚数、QOL(生活の質)
の総括的指標である総括顔スケ
ールといった自覚症状を日本ア
レルギー性鼻炎QOL標準調査
票(JRQLQ No.1)を
参照に作成した記録表に記入し
てもいました。

 その結果、乳酸菌B240の
8週間摂取により、スギ花粉を
3時間曝露した際のアレルギー
反応や生活の支障度など全般を
評価する総括顔スケールが有意
に改善されました。また、総括
顔スケールスコアと各症状のス
コアの間に、有意な正の相関が
あることも分かりました。

植物由来乳酸菌のラブレについ

て解説している動画です。

 

 

 

 



 師匠の生活の支障度を測る。
             笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















編集後記



 肩関節にある「腱板(けんば
ん)」が切れて、肩の動きに異
常が表れたり、痛みを生じたり
する「肩腱板断裂」という外傷
があります。物を持ち上げる動
作が難しくなり、仕事や家事な
ど日常生活に支障を来します。
いったん切れてしまった腱板は
自然に元に戻ることはありませ
んが、治療により症状は改善す
るということですので、切れて
しまった方も、リハビリを頑張
って頂きたいと思います。ただ
腱板が切れるというのは大きな
力が腱にかかったことは事実で
すから、大きな力が肩関節に、
作用しない様に注意することが、
第一義的に必要です。
 大塚製薬は、植物由来の乳酸
菌「B240」に抗アレルギー
作用があることを確認しました。
スギ花粉の曝露により、軽度の
アレルギー反応が起こる生活者
の緩和に、新たな選択肢となる
ことが見込まれるのは喜ばしい
ことです。植物由来の乳酸菌は、
胃酸が作用しても生き残ること
が分かっています。この乳酸菌
から、豆乳ヨーグルトを作ると
腸内環境にはベストであると言
う気がします。乳酸菌B240
は、東京農業大学の岡田早苗名
誉教授が発酵茶ミヤンから分離
した乳酸菌ということなので、
プロバイオティクスに使える菌
である気がします。

 八甲田山で発酵茶を飲む。笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。