診療マル秘裏話  号外Vol.1676 令和1年12月20日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次
 
1)頭蓋底腫瘍を拡大新経鼻内視鏡手術で腫瘍全摘
2)ゲーム障害実態調査結果、長時間の人程依存傾向














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】頭蓋底腫瘍を拡大新経鼻内視鏡手術で腫瘍全摘











 頭蓋骨は、脳を上から包み込
む頭蓋(とうがい)冠と、脳の
底を支える頭蓋底に分けられま
す。この頭蓋底に発生した腫瘍
は、下垂体腺腫、転移性腫瘍と
いった種類にかかわらず、すべ
て頭蓋底腫瘍と呼ばれます。大
阪市立大学医学部付属病院(大
阪市)脳神経外科の後藤剛夫准
教授は「脳腫瘍がどこに発生し
たかで、手術の難易度は大きく
異なります。頭蓋冠であれば脳
神経や太い動脈がないため手術
は比較的容易ですが、頭蓋底だ
とそうはいきません」と話して
います。頭蓋底は神経や血管、
下垂体、脳幹など極めて重要な
組織が密集している場所です。
そのため頭蓋底腫瘍は、悪性は
もちろん、良性であっても摘出
手術が治療の基本となります。

 「良性腫瘍は成長がゆっくり
で、周囲組織への広がりや転移
はありませんが、頭蓋底にあれ
ば重要な神経や血管を圧迫し、
頭痛やめまい、顔面まひ、視力
の低下、物が二重に見える、物
が飲み込みにくい、手足が動か
しにくいなどの神経症状を引き
起こすからです」と後藤准教授
は話しています。

 しかし、手術は重要な神経や
血管を傷つけ、神経まひや出血
などの合併症を引き起こすリス
クが高いため極めて難しいとさ
れています。何より、頭蓋底は
脳をすべて取り外した状態でな
ければ観察できないため、腫瘍
はそもそも見えません。後藤准
教授は「1980年ごろまでは、手
の付けられない場所にある腫瘍
とされ、治療が不可能でした」
と明かしています。脳外科医ら
が試行錯誤を重ね、ようやく90
年前後から、目や耳の横の骨を
削るなどして側面から頭蓋底に
アプローチして腫瘍を切除する
開頭頭蓋底手術が試みられるよ
うになりました。さらに2010年
ごろからは、開頭頭蓋底手術で
は到達が難しかった頭蓋底中心
部に発生した腫瘍に対して鼻か
ら内視鏡を挿入して鼻の奥にあ
るトルコ鞍(あん)底骨を削り、
腫瘍に到達する経鼻内視鏡手術
が行われ始めました。しかしこ
の方法でも、内視鏡で見えてい
るのに腫瘍の外側に手術機器を
到達させられず切除できない腫
瘍がありました。

 そこで後藤准教授らが開発し
たのが、トルコ鞍底骨だけでな
く、両側の後床突起という骨を
削除して、見える範囲と手術機
器が到達できる範囲を飛躍的に
拡大した新しい経鼻内視鏡手術
です。これにより頭蓋底腫瘍の
多くを安全に切除することが可
能になったということです。

 後藤准教授は「頭蓋底腫瘍は、
手術ですべて摘出できれば完治
が期待できます。大きくなるほ
ど手術は難しくなるので、神経
症状があれば早めに脳神経外科
や神経内科を受診し、頭蓋底腫
瘍が疑われれば専門施設で最適
な手術を受けてください」とア
ドバイスしています。

経鼻的内視鏡脳腫瘍手術につい

て解説している動画です。

 

 

 



 主要な腫瘍を摘出する。笑













◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 ゲーム障害実態調査結果、長時間の人程依存傾向














 ゲームのやり過ぎで日常生活
に支障を来す「ゲーム障害」に
関する実態調査の結果、10代と
20代の約12%が休日に6時間以
上ゲームをしており、プレー時
間が長い人ほど、学業・仕事へ
の悪影響や心身の不調を感じな
がらゲームをやめられないなど
依存傾向にあることが分かりま
した。
 世界保健機関(WHO)がゲ
ーム障害を依存症と認定したこ
とを受け、厚生労働省の補助事
業として国立病院機構久里浜医
療センター(神奈川)が初の実
態調査を実施しました。11月27
日に結果を公表しました。
 調査は1~3月、無作為抽出
した10~29歳の男女9000人を対
象に行い、5096人から回答を得
ました。
 過去1年間のゲーム経験者は
85%で、機器はスマートフォン
が8割を占めました。1日当た
りのプレー時間は、「1時間未
満」が平日で40.1%、休日で25
.0%と最多でしたが、「6時間
以上」も平日で2.8%、休日で12
.0%いました。
 「学業や仕事に影響が出ても
ゲームを続けた」と回答したの
は、平日に1時間未満の人が1.
7%だったのに対し、6時間以上
の人は24.8%でした。「友人、
恋人らとの関係を危うくしても
続けた」という人も、6時間以
上の14.9%に達しました。
 6時間以上の人のうち、「腰
痛や頭痛など体の問題があって
も続けた」のは40.5%。「睡眠
障害や憂鬱(ゆううつ)など心
の問題が起きても続けた」人も
37.2%に上りました。
 同センターの樋口進院長は「
ゲーム時間が長くなるほど依存
行動や起因する問題の割合が高
くなっていることが、数値とし
て初めて示された」と調査の意
義を説明しました。 

ゲーム依存症について解説して

いる動画です。

 

 

 



 ゲーム依存の治療に異存なし。

















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















編集後記



 脳腫瘍がどこに発生したかで、
手術の難易度は大きく異なり、
頭蓋冠であれば、脳神経や太い
動脈がないため手術は比較的容
易ですが、頭蓋底だとそうはい
かないことを医学生の頃、脳外
科の授業で習いました。手術で
切除不能の所は、どうするのだ
ろうかと疑問に思いました。そ
の後、神の手を持つスーパード
クターが現れ、手術というもの
は、執刀医の技量によって大き
く成否が左右されるものだと思
いました。切除不能の際は、ガ
ンマ-ナイフなどの放射線治療
でと習った覚えがありますが、
トルコ鞍底骨だけでなく、両側
の後床突起という骨を削除して、
見える範囲と手術機器が到達で
きる範囲を飛躍的に拡大した新
しい経鼻内視鏡手術ができる等
とは、夢にも思いませんでした。
 ゲームのやり過ぎで日常生活
に支障を来す「ゲーム障害」に
関する実態調査の結果、10代と
20代の約12%が休日に6時間以
上ゲームをしており、プレー時
間が長い人ほど、学業・仕事へ
の悪影響や心身の不調を感じな
がらゲームをやめられないなど
依存傾向にあることが分かった
のは、本当に残念なことです。
現実社会からゲームの世界に、
逃避するという傾向があること
も否定できません。特に負け組
と言われる人達がゲームの世界
では、勝ち組になることが可能
等と言った謳い文句に踊らされ
のめり込んで行ってしまうのが
本当の所ではないでしょうか?
現実社会で失敗しても、失敗を
糧として、次こそは勝利すると
いう七転び八起の精神が必要だ
と思います。人間思い通りにな
ることは少ないので、つい遊惰
安逸の方向に逃げてしまいがち
になりますが、そこを踏ん張っ
て現実社会での再挑戦に繋げて
欲しいものです。

 頭皮のケアーに失敗して頭髪
の染色に逃避する。    笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。