診療マル秘裏話  号外Vol.2077 令和3年4月1日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











目次
 
1)FDAが特定腟式子宮摘出術支援ロボット装置を承認
2)日本メナード化粧品,肌に色ムラが生じるメカニズム解明













◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








 
1】 FDAが特定腟式子宮摘出術支援ロボット装置を承認










 米国食品医薬品局(FDA) は
3月1日、良性の子宮摘出術およ
び卵管卵巣摘出術など特定の腟
式子宮摘出術に用いる手術支援
ロボット装置Hominis Surgical
System(Memic Innovative Su
rgery社) の販売を承認しまし
た。

 Hominis Surgical Systemは、
経腟的アプローチにより低侵襲
の手術器具を体内に挿入し、腹
腔鏡下で腹部の切開部から挿入
したビデオカメラを用いて器具
を可視化する仕組みです。経腟
的アプローチでは、従来の腹腔
鏡下子宮摘出術に比べて小さな
切開で済むメリットがあります。
外科医は、手術室に設置したコ
ンソールから手術器具を操作し
ます。FDA は製造販売企業に対
し、外科医やスタッフを対象と
した包括的なトレーニングプロ
グラムを開発し、提供すること
を求める見通しです。

 性能評価に加え、Hominis Su
rgical System の安全性と有効
性は、良性疾患に対する卵管卵
巣摘出術または卵管切除術によ
る腟式子宮全摘出術を施行した
患者さん30例を対象とした臨床
試験で検証されています。被験
者の年齢は37-79歳、BMIは17.6
-40、患者の63%に高コレステロ
ール血症、骨粗鬆症、高血圧な
どの併存疾患がありました。

 その結果、30件の手術は全て
成功し、開腹手術や他の腹腔鏡
下手術を要した症例は認められ
ませんでした。有害事象は、軽
度の出血、尿路感染症、子宮摘
出術に伴う腟カフ閉鎖部位の治
癒の遅れなどでした。

婦人科のロボット手術について

解説している動画です。

 

 

 

 



 お店の大将を対象にした福引
き。           笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 日本メナード化粧品,肌に色ムラが生じるメカニズム解明













 日本メナード化粧品は、肌に
色ムラが生じるメカニズムを解
明しました。色ムラのなかでも、
赤色のものに着目しました。赤
色にかかわる毛細血管が紫外線
によって拡張・消失することで、
その分布が不均一になり、肌表
面にまだらな赤みが表れ、色ム
ラが引き起こされると分かりま
した。色ムラは肌の美しさを低
下させることから、より美しく
見せる美容提案や商品開発に知
見を生かしていく予定です。

 色ムラは頬など、紫外線の当
たりやすい部位で目立つという
ことです。そこで、紫外線の当
たりやすい部位(露光部)とそ
うでない部位(非露光部)の状
態を比較するため、肌内部を透
明化する技術を用いて観察しま
した。露光部では毛細血管の異
常な拡張や消失、非露光部では
毛細血管が肌表面に向かって均
等に伸びる様子が確認できまし
た。血液の色から、露光部で観
察された毛細血管の拡張と消失
が赤色のムラをもたらすとしま
した。

 続けて、露光部でみられる毛
細血管拡張の原因を調べました。
紫外線を受けると、毛細血管を
作る血管内皮細胞で蛋白質「エ
ンドセリン受容体B」の遺伝子
発現量が増加することが分かり
ました。この受容体は毛細血管
拡張にかかわるとされています。
紫外線の影響で増加し、毛細血
管が拡張しやすくなったことで
肌の赤みも増し、色ムラの一因
になるとみています。

赤みを消す方法について解説し

ている動画です。

 

 

 

 



 格調のある拡張路線を展開す
る。           笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記



 米国食品医薬品局(FDA) が
3月1日、良性の子宮摘出術およ
び卵管卵巣摘出術など特定の腟
式子宮摘出術に用いる手術支援
ロボット装置Hominis Surgical
System(Memic Innovative Su
rgery社) の販売を承認したの
は、素晴らしいことです。婦人
科の手術で特に経腟式に限った
手術支援ロボット装置というこ
とで、画期的と言えるのではな
いでしょうか?経腟的アプロー
チでは、従来の腹腔鏡下子宮摘
出術に比べて小さな切開で済む
メリットがあるので、そのメリ
ットを最大限に生かすことを考
慮して、作られているのではな
いかと考えられました。
 日本メナード化粧品が、肌に
色ムラが生じるメカニズムを解
明したのは、喜ばしいことです。
色ムラは肌の美しさを低下させ
ることから、化粧をする女性に
とっては、避けたい事象だと思
われます。より美しく見せる美
容提案や商品開発に知見を生か
すということですので、色ムラ
が気になる女性にとっては、耳
よりな話だと思います。露光部
では毛細血管の異常な拡張や消
失、非露光部では毛細血管が肌
表面に向かって均等に伸びる様
子が確認できたということです
から、結論として血液の色から、
露光部で観察された毛細血管の
拡張と消失が赤色のムラをもた
らすと考えたのは妥当だと思い
ました。

 治験で新しい知見を得る。笑















************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。