診療マル秘裏話  号外Vol.2222 令和3年9月17日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











目次
 
1)光増感分子を搭載した,ミトコンドリア標的型ナノカプセル
2)米モデルナ製ワクチンの内,未使用の瓶内に異物が混入












◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】 光増感分子を搭載した,ミトコンドリア標的型ナノカプセル














 北海道大学は8月24日、光増
感分子(Photosensitizer:PS)
を搭載したミトコンドリア標的
型ナノカプセルの構築に成功し、
ヒト由来のガンを担持するマウ
スを用いた検証実験で「ミトコ
ンドリアを狙い撃ちするガン光
治療戦略」の有用性を示すこと
に成功したと発表しました。こ
の研究は、同大大学院薬学研究
院の山田勇磨准教授、原島秀吉
教授、電子科学研究所の高野勇
太准教授らの研究グループによ
るものです。研究成果は、「Na
noscale Advances」に掲載され
ています。

 ガン光治療は、患部切除を行
わずに選択部位のガン組織を死
滅させるため、患者さんの身体
的負担が少ない治療法として期
待されています。しかし、現状
の光治療法の原理では、死滅さ
せられなかったガン細胞が増殖
することによる耐性ガン発生の
リスク問題があり、それを解決
する治療法の開発が望まれてい
ます。抗ガン剤の多くは、ガン
細胞の遺伝子が保存されている
核を攻撃して、ガン細胞を死滅
させます。しかし、薬剤耐性を
獲得したガンを死滅させるため
には、核以外を標的とする必要
があります。

 今回の研究では、ガン細胞の
ミトコンドリアを破壊する新た
なガン光治療の検証を試みまし
た。研究グループはこれまでに、
ミトコンドリア標的型ナノカプ
セル(MITO-Porter) を利用し
て、薬剤耐性のあるガン細胞の
ミトコンドリアに抗ガン剤を運
ぶ研究を進め、細胞実験で一定
の成果を得ています。ミトコン
ドリアに薬を運ぶ技術は日々進
化しており、体の中のガン細胞
内ミトコンドリアへ、薬を届け
ることを目標に研究を進めてき
ました。

 今回の研究では、PSを搭載し
たMITO-Porter を構築し、ヒト
由来のガンを担持するマウスを
用いた検証実験を行い、「ミト
コンドリアを狙い撃ちするガン
光治療戦略」の有用性を動物実
験で実証することに挑戦しまし
た。

 今回の研究では、PSとして近
赤外(700nm) の光照射によっ
てミトコンドリア内で活性酸素
発生反応を誘導し得るポルフィ
リン骨格を有する独自の新規化
合物(rTPA)を選択しました。
また、分子送達に関しては、研
究グループが開発したミトコン
ドリア標的型ナノカプセル、MI
TO-Porter を用いました。ミト
コンドリアにrTPAを運ぶために、
rTPAを搭載したMITO-Porter(M
ITO-Porter(rTPA))の構築を
検討しました。ナノサイズの粒
子を調製することに成功しまし
た (粒子径:100-200nm、ζ電
位:+30~40mV)。

 モデルガン細胞として使用し
たヒト舌ガン細胞(SAS cell)
に蛍光標識を施したrTPA-MITO-
Porterを添加し、ナノカプセル
の細胞内局在を蛍光顕微鏡で観
察しました。その結果、rTPA-M
ITO-Porterがミトコンドリアに
集積する様子が観察され、MITO
-Porter によるrTPAのミトコン
ドリア送達が確認できました。
一方で、ミトコンドリア標的能
がない陰性コントロールナノカ
プセルを利用した場合には、ミ
トコンドリアへの集積は観察さ
れませんでした。

 続いて、rTPA-MITO-Porterを
SAS cellに添加し、光照射後に
WST-1 アッセイを用いて細胞生
存率を算出し、ガン治療効果を
検証しました。光を照射した群
では、rTPA投与量に依存して細
胞生存率が減少することを確認
しました。光を照射しない場合
は、細胞毒性が確認されません
でした。

 さらに、SAS cellを皮下移植
した担ガンモデルマウスを作製
し、MITO-Porter(rTPA)投与・
光照射後の抗腫瘍効果を継時的
に評価しました。その結果、MI
TO-Porter(rTPA) 投与・光照
射群において、ガン細胞の成長
を著しく抑制する抗腫瘍効果を
観察しました。これらの研究成
果は、ガンミトコンドリアを標
的とするガン光治療の有用性を
示しています。

 ミトコンドリアを狙い撃ちす
るガン治療戦略は、既存薬の抗
ガン作用機序と異なり、薬剤耐
性ガンの治療にも有用であると
期待されます。また、ガン細胞
にピンポイントに抗ガン剤を運
ぶナノカプセルは正常細胞への
侵襲性を抑えることが期待され
るため、効果が現れているもの
の副作用で治療を断念するケー
スの解決にもつながる可能性が
あるということです。

 さらに、「多彩な機能を有す
るミトコンドリアを標的とした
創薬開発の医療用ナノカプセル
の基盤技術としても貢献できる
と期待される」と研究グループ
は述べています。

ドラッグデリバリーシステムに

ついて解説している動画です。

 

 

 

 



 基板の修理を基盤とする加工
を行う。         笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 米モデルナ製ワクチンの内,未使用の瓶内に異物が混入
















 厚生労働省は8月26日、新型
コロナウイルスの米モデルナ製
ワクチンのうち、東京など5都
県8か所の接種会場で未使用の
瓶内に異物が混入していたとし
て、製造番号や工程が同じワク
チン約163万回分の使用を見
合わせると発表しました。異物
は金属物質とみられるというこ
とです。国内の流通を担当する
武田薬品工業はモデルナ社に対
し、異物の成分や混入経緯など
についての調査を要請しました。

 同省によると、東京都、埼玉、
茨城、愛知、岐阜各県の大規模
接種や職域接種の8会場で16日
以降、製造番号「300466
7」のワクチン39瓶から異物が
順次確認されました。この製造
番号は「3004734」「3
004956」とともにスペイ
ンの工場で製造されたワクチン
で、7月下旬以降に国内に輸送
され、全国863か所の接種会
場に配送されたということです。

 同省は異物が確認された製造
番号に加え、同じ工場で製造さ
れた残り二つについても26日朝
から各会場に連絡して使用中止
を要請しました。これまでに健
康被害などの情報は寄せられて
いないということです。ワクチ
ンの接種にあたっては、薬剤師
らが事前に目視で異物がないか
を確認することになっており、
同省は異物が接種された例はな
いとみています。

 政府は9月末までにモデルナ
製5000万回分を確保しており、
今月24日までに約1800万回分が
接種されました。同省によると、
海外ではモデルナ製ワクチンに
ゴム片が混入していたケースが
報告されているということです。

 製造番号は接種済み証で確認
できます。同省は既に接種した
人で異変を感じた場合は、医師
に相談するよう呼び掛けていま
す。武田薬品は、同社のくすり
相談室武漢熱ワクチンモデルナ
専用ダイヤル(0120・79
3・056)で対応します。

このニュースのニュース動画で

す。

 

 

 

 



 次善の策を事前に計画してお
く。           笑
















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記



 北海道大学が8月24日、光増
感分子(Photosensitizer:PS)
を搭載したミトコンドリア標的
型ナノカプセルの構築に成功し、
ヒト由来のガンを担持するマウ
スを用いた検証実験で「ミトコ
ンドリアを狙い撃ちするガン光
治療戦略」の有用性を示すこと
に成功したと発表したと発表し
たのは、素晴らしい業績です。
ガン光治療は、患部切除を行わ
ずに選択部位のガン組織を死滅
させるため、患者さんの身体的
負担が少ない治療法として期待
されているのですが、現状の光
治療法の原理では、死滅させら
れなかったガン細胞が増殖する
ことによる耐性ガン発生のリス
ク問題があり、この課題を乗り
越えることが喫近の目標でした。
ミトコンドリアを狙い撃ちする
ガン治療戦略は、既存薬の抗ガ
ン作用機序と異なり、薬剤耐性
ガンの治療にも有用であると推
察され、目標は達成したと考え
られます。
 厚生労働省が8月26日、新型
コロナウイルスの米モデルナ製
ワクチンのうち、東京など5都
県8か所の接種会場で未使用の
瓶内に異物が混入していたとし
て、製造番号や工程が同じワク
チン約163万回分の使用を見
合わせると発表したのは、由々
しきことです。菅総理は、ワク
チン接種には、影響しないとお
っしゃられたそうですが、それ
だけのワクチンがあれば、たく
さんの人に接種できたはずであ
りもったいないなと感じました。
スペインの工場で製造されたワ
クチンということで、ラテン系
の国民性を反映している可能性
があると思います。ラテン系の
ほとんどの国々では、シエスタ
(昼寝)の時間をしっかりとり
それは、夜の間に遊ぶためにあ
るということでも分かります。
人の命を武漢熱ウイルスから守
る大事なワクチンですから、こ
のようなことが起きないように
心掛けて頂きたいものです。

 清三さんが、製造した作品を
発表した。        笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人社団 永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。