診療マル秘裏話  号外Vol.2223 令和3年9月18日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











目次
 
1)肝細胞ガン免疫療法の画像バイオマーカー発見
2)妊婦と夫・パートナーの武漢熱ワクチン推奨声明第2報











◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】 肝細胞ガン免疫療法の画像バイオマーカー発見














 近畿大学の工藤正俊教授らの
研究グループは、肝細胞ガン免
疫療法の画像バイオマーカーを
発見しました。「EOB-MR
I」という造影MRI検査を行
うと、免疫チェックポイント阻
害剤の効かない患者さんを選定
できます。腫瘍生検とは異なる、
患者さんの負担が少ない阻害剤
効果予測法として活用が期待さ
れます。

 免疫を活性化する免疫チェッ
クポイント阻害剤を用いた薬物
療法は、高い効果を示すとして
活用が進められています。しか
し、効果の差が激しいため、効
きにくい場合は他の治療法に切
り替える必要があります。

 研究グループは、同阻害剤が
効きにくくなるとされている遺
伝子変異の「Wnt/β-カテ
ニン」に着目しました。同変異
では、遺伝子が活性化されるこ
とで、細胞増殖能が増強します。
この時、一部の輸送体が増加し、
EOB-MRIの造影剤が腫瘍
に取り込まれやすくなります。
より多くの造影剤を取り込み、
より白くなった腫瘍が多ければ
多いほど、免疫チェックポイン
ト阻害剤が効きにくい変異が多
いことを突き止めました。

 肝ガンへの免疫チェックポイ
ント阻害剤はアテゾリズマブが
用いられますが、ベバシズマブ
との併用療法が推奨されていま
す。研究グループは今後、併用
療法での有用性について検証を
進めます。

肝細胞ガンの薬物療法について

解説している動画です。

 

 

 



 推奨の贈答品は、水晶だった。
















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 妊婦と夫・パートナーの武漢熱ワクチン推奨声明第2報
















 日本産科婦人科学会はこのほ
ど、日本産婦人科医会、日本産
婦人科感染症学会と連名で、妊
婦の新型コロナウイルスワクチ
ン接種に関する声明の第2報を
発表しました。多くの妊婦の感
染が確認されていることを受け
てのものです。時期を問わず妊
婦の接種を「推奨する」とし、
感染源の約8割が夫やパートナ
ーからの感染であることから、
「夫やパートナーの接種をお願
いする」と明言しています。

 今回の声明は、最新の知見に
基づいたものです。その背景と
して、米国疾病対策センター(
CDC) が妊婦へのワクチン接種
を強く推奨する声明を発出して
いることや、「妊娠中、特に妊
娠後期に新型コロナウイルスに
感染すると、重症化しやすいと
されている」「副反応の有無に
かかわらず、妊娠の異常(流産、
早産、その他)の頻度はワクチ
ンを打たなかった妊婦と同じで
あると報告されている」などを
挙げています。声明ではこのほ
か、接種時の留意点も併せて周
知しています。

岡山県では、優先枠が作られて

いるというニュース動画です。

 

 

 

 



 生命を守る声明を出す。 笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記



 近畿大学の工藤正俊教授らの
研究グループが、肝細胞ガン免
疫療法の画像バイオマーカーを
発見したのは、素晴らしい業績
です。「EOB-MRI」とい
う造影MRI検査を行うと、免
疫チェックポイント阻害剤の効
かない患者さんを選定できると
いうことですので、免疫チェッ
クポイント阻害剤の効果がある
患者さん即ち、造影剤の取り込
みが少ない腫瘍が多い人だけに
同阻害剤を投与することになる
と思います。こうした選別がで
きれば、効果が見込めない患者
さんに免疫チェックポイント阻
害剤を使わないことになるでし
ょう。
 日本産科婦人科学会がこのほ
ど、日本産婦人科医会、日本産
婦人科感染症学会と連名で、妊
婦の新型コロナウイルスワクチ
ン接種に関する声明の第2報を
発表したのは、喜ばしいことで
す。千葉県柏市で武漢熱に感染
した妊婦の搬送先が見つからず、
早産した赤ちゃんが死亡する事
案が発生したことから、妊婦の
感染についての正確な情報を与
える必要が生じたと考えられま
す。夫・パートナーからの感染
が、80%ということで如何に、
密な接触で感染するか思い知ら
された次第です。

 性格を正確に把握する。 笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人社団 永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。