診療マル秘裏話  号外Vol.2320 令和4年1月9日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











目次
 
1)乳ガン診断後10年以降再発リスクと診断時状態関連
2)睡眠時口閉じテープ口内乾燥抑制と睡眠の質改善














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】 乳ガン診断後10年以降再発リスクと診断時状態関連













 Danish Breast Cancer Group
臨床データベースを用いて、19
87年から2004年までに乳ガンの
1次診断を受けた女性患者さん
の10年以降の再発リスク、1次
診断時の患者さんのデータおよ
び腫瘍の状態と診断から10年以
上経過後(最長32年)の再発と
の関連を検討しました。

 その結果、乳ガンの1次診断
を受けた女性3万6924例のうち1
0年無病生存者は,2万315例で、
このうち1次診断から10-32年後
に2595例に乳ガン再発を認めま
した(発生率1000人年当たり15
.53、累積発生率16.6%)。腫瘍
サイズ20mm超、リンパ節転移陽
性、エストロゲン受容体(ER)
陽性腫瘍に晩期乳ガン再発の累
積発生率およびハザードの上昇
との関連を認めました。

乳ガンの再発・死亡リスクが

50%減るおやつについての動画

です。

 

 

 



 拳闘の試合の実施を検討した。














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 神経幹細胞を遺伝子操作で活性化認知機能改善














 小林製薬は、睡眠時に口閉じ
テープを使用することで起床時
における口内の乾燥予防だけで
なく、いびきを抑制し睡眠の質
改善にも寄与する可能性がある
ことを発表しました。これまで
の研究で正常な鼻呼吸の促進が
睡眠の質向上につながることは
報告されていました。同社は今
後も睡眠に関する研究を深め、
社会に役立てていく方針です。

 一般に睡眠時の口呼吸は、口
内から水分が蒸発しやすくなり、
口・のどの乾燥の原因となって
います。また、口呼吸で舌が落
ち込むことで気道が狭くなり、
いびきや睡眠時無呼吸症候群の
一因とも考えられ、これらの課
題解決が望まれていました。

 こうした背景のなか、小林製
薬は睡眠時に口閉じテープを使
用し、口内の乾燥抑制と睡眠の
質改善につながる可能性を検討
しました。睡眠試験施設で30
~40代の健常男性7人に口閉
じテープを使用し評価しました。

 口内の乾燥抑制効果は、ワッ
テ法とVASと呼ばれる2つの
手法を用いて実施しました。そ
の結果、口閉じテープ使用時に
唾液量の減少の抑制と、主観的
な口内の乾燥感を抑制すること
が認められました。

 一方、睡眠の質はPSG試験
という就寝時の脳波や筋電図、
呼吸状態などを多数のセンサー
を用いて評価しました。口閉じ
テープ使用時は非使用に比べ、
深睡眠割合が多い傾向を示しま
した。また、被験者別に深睡眠
割合といびきの改善度を評価し
た所、いびきが減少した被験者
は深睡眠割合も改善する傾向を
確認できました。

 口閉じテープについて解説し

ている動画です。

 

 

 

 



 蛍光ペンを携行する傾向につ
いて調査した。      笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記




 Danish Breast Cancer Group
臨床データベースを用いて、19
87年から2004年までに乳ガンの
1次診断を受けた女性患者さん
の10年以降の再発リスク、1次
診断時の患者さんのデータおよ
び腫瘍の状態と診断から10年以
上経過後(最長32年)の再発と
の関連を検討したのは、素晴ら
しい業績です。乳ガンは、治療
後、長期間経過してから再発す
る傾向があることは、患者さん
の話から実感していました。し
かし、それを目に見える形にす
るには、大変な労力が必要であ
ったと推測されます。累積発生
率16.6%であり、腫瘍サイズ20
mm超、リンパ節転移陽性、エス
トロゲン受容体(ER)陽性腫瘍
に晩期乳ガン再発の累積発生率
およびハザードの上昇との関連
を認めたということで、腫瘍サ
イズが大きく、リンパ節転移が
あり、ER陽性の患者さんは要注
意ということだと思います。
 小林製薬が、睡眠時に口閉じ
テープを使用することで起床時
における口内の乾燥予防だけで
なく、いびきを抑制し睡眠の質
改善にも寄与する可能性がある
ことを発表したのは、素晴らし
い業績です。口閉じテープで、
強制的に、口呼吸から鼻呼吸に
転換するという発想は、非常に
ユニークだと思いました。人間
は、本来、鼻呼吸するように体
ができています。それを色々な
原因で、口呼吸することになっ
てしまったために、身体の深刻
な不調を訴えるようになること
は、よくあることです。しかし、
それを解決する方法として口閉
じテープを使うというのは、コ
ロンブスの卵であると思います。
口内の乾燥抑制効果といびきの
改善・深睡眠割合増加は、天晴
れとしか言いようがありません。

 口内の乾燥抑制効果の感想を
述べる。         笑
















************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人社団 永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。