診療マル秘裏話   Vol.739 平成30年2月7日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
  
1)「がん幹細胞」を維持する分子のRAB39Aを特定
2)電解水透析システムが慢性透析患者生存期間を改善














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 




 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 「がん幹細胞」を維持する分子のRAB39Aを特定












 大津市の、滋賀医科大の茶野
徳宏准教授(遺伝子解析)が、
「がん幹細胞」を維持する分子
を特定しました。幹細胞から同
分子を阻害すると、再発や転移
が少なくなることも分かり新薬
の開発などにつながるという事
です。米国のオンライン専門誌
に発表しました。

 がん幹細胞は、がん細胞の元
で、がんの再発や転移の元凶と
言われています。茶野准教授は、
イタリアのボローニャ大の協力
を得て、がん幹細胞に特異的に
見られる分子を探していたとこ
ろ、正常な細胞ではほとんど使
われていない分子「RAB39
A」を発見しました。 がん幹
細胞がこの分子を利用して維持
していることを突き止めました。

 さらに、免疫不全に近い六匹
のマウスを用意し、右側背中に
がん幹細胞を含むがん細胞を、
左側にRAB39Aを除いた、
がん細胞を移植する実験を実施
しました。その結果、移植後三
週間で、全マウスの背中右側に
腫瘍が現れたものの、五週間た
つと、うち三匹の左側に腫瘍が
現れただけでとどまり、再発や
転移が高い割合で起きないこと
が分かりました。

 今後は実験結果を基に、がん
の再発を抑制する新薬や治療法
の開発が期待されます。茶野准
教授は「がんの再発や転移の可
能性が少しでも下がる薬ができ
れば」と話しています。

 ブロッコリーががん幹細胞を、

死滅させるというニュース動画

です。

 

 

 

 



 特異的に見られる分子を探す
ことを得意とする。笑











◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆












2】 電解水透析システムが慢性透析患者生存期間を改善











 東北大学は、1月9日、新規に
開発した電解水を用いた透析シ
ステムが、慢性透析患者の生存
期間を改善することを明らかに
したと発表しました。この研究
は、同大大学院医学系研究科附
属創成応用医学研究センター・
東北大学病院慢性腎臓病透析治
療共同研究部門の中山昌明特任
教授のグループが株式会社日本
トリムと共同で行ったものです。
研究成果は、英科学誌「Scient
ific Report 」(電子版)に掲
載されています。

 現在、国内の透析患者数は30
万人を超えて年々増えており、
国の医療費を増大させています。
一般に、透析患者の生存期間は
極めて悪く、心血管合併症が主
な死因となっています。 この
合併症の原因には透析中に生じ
る生体内の酸化ストレスと炎症
が関わっていると考えられてい
ますが、現状、これらの要因を
安全に抑える手段はありません
でした。

 東北大学と株式会社日本トリ
ムは水の電気分解によって生成
される電解水が生体内で酸化ス
トレスを抑えることに注目し、
電解水の透析治療への応用を目
指し2006年より共同研究を行っ
てきた。

 今回の研究では慢性透析患者
さんの生存期間に対する電解水
透析の影響を明らかにすること
を目的とし5年間の多施設共同
臨床研究を実施したということ
です。 国内7施設の慢性血液
透析患者さんを対象に患者さん
は、非盲検オープンスタイルで
それぞれの治療法(電解水透析
群161例、通常透析群148例)に
割り付けられ、死亡および心血
管合併症(うっ血性心不全、虚
血性心疾患、脳卒中、虚血によ
る下肢切断)といったイベント
の発生を測定結果とし、5年間
の臨床経過が観察されました。

 その結果、透析自体の臨床的
効果・安全性に両群間に違いは
見られませんでしたが、電解水
透析群では、透析後の高血圧の
改善、必要な1日当たりの降圧
薬の投与量の減量が観察された
ということです。 また、平均
観察期間3.28年の間に91件のイ
ベントの発生を確認 (電解水
透析群41件、通常透析群50件)。
死亡数および心脳血管病の発症
リスクが従来の標準的透析治療
と比べて41%抑制されたことを
確認したとしています。

 今回の研究によって、電解水
血液透析が慢性透析患者の心血
管病を抑制し、患者予後を改善
する可能性が示されました。研
究グループは「従来の血液透析
療法が抱える高い死亡率や心血
管合併症の発生に対して、電解
水透析が新たな解決手段となる
可能性が示された」と述べてい
ます。

電解水について、解説している

動画です。

 

 

 

 

 


 怪傑ゾロが解決手段を示す。














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記



 「がん幹細胞」を、維持する
分子を特定し幹細胞から同分子
を阻害すると、再発や転移が少
なくなることも分かり新薬開発
などにつながることが分かった
のは偉大な業績です。がん治療
が難しいのは、再発転移がある
からだと言われています。再発
転移を抑制することができれば、
初発の原発巣の治療に専念でき
るため、治療が容易になり治療
の選択肢が増えることは明らか
です。極端なことを言えば手術
で原発巣をとってしまえば、お
終いかもしれません。ドクター
Xの活躍の場が失われるかもし
れません。原発巣を取る手術は
難易度の低い手術ばかりとなる
可能性が高いからです。
新規に開発した電解水を用い
た透析システムが慢性透析患者
の生存期間を改善することを明
らかにしたと発表したのは素晴
らしい業績です。電解水に含ま
れる活性水素のせいかもしれま
せん。 慢性透析患者さんでは、
本来、腎臓から排出されるべき
老廃物や毒素が体の中に溜まっ
ています。老廃物や毒素は活性
酸素で酸化されたものが多い様
です。活性水素は、酸化された
老廃物や毒素を還元し、毒性を
弱めると考えられます。ただし、
活性水素は電解水では、わずか
しかできませんので、水素水を
利用するより、水素吸引の方が
効率が良いと思われます。ただ
水素吸引で還元できる活性酸素
は、ヒドロキシラジカルのみで
その他の活性酸素は還元する事
ができないことを申し述べてお
きます。

 生存期間を改善する医療機関
を発見。笑










************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。