診療マル秘裏話  Vol.769 平成30年9月5日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
 
1)サマータイム導入で心筋梗塞のリスクが上がる
2)TAVI用の生体弁使用で重篤有害事象が複数報告















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 




 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 サマータイム導入で心筋梗塞のリスクが上がる











 夏の間、標準時を1~2時間
早める、サマータイムの導入を
政府が検討するという報道があ
りました。なんでも、オリンピ
ックでの酷暑対策が目的の一つ
で、例えばマラソンの開始時間
が午前7時であるのが、サマー
タイム導入で実質午前5時にな
って涼しいうちに競技を終える
ことが見込めるのだそうです。
だったら別に日本全国を巻き込
まなくても、「マラソンは午前
5時からスタート」と決めてし
まえばいいような気がします。
午前5時だと公共交通機関が動
いていないのが問題のようです
が、オリンピックの間だけ臨時
電車やバスを動かすというのは
どうでしょうか。それはそれで
大変でしょうが、サマータイム
導入のほうがもっとずっと大変
でしょう。

 サマータイムは省エネや夜の
余暇時間増加による経済効果も
期待できるとされています。一
方でそれは疑わしいという議論
もあります。その辺は私は専門
外なのでわかりません。ただし
サマータイムには健康への影響
があるという話もあって、これ
は医学に関連があります。日本
睡眠学会が2012年に発行した「
サマータイム―健康に与える影
響―」によれば、サマータイム
は生体リズムや睡眠の質・量を
通じて健康障害を与える可能性
があります。強制的に睡眠時間
をずらすのですから体に悪影響
があっても不思議ではありませ
ん。

 悪影響は、単に「昼間眠くな
る」とかに限らず、心筋梗塞の
リスクが上がるのだそうです。
私も自分で論文を調べてみまし
たが、確かに、サマータイム(
"Daylight Saving Time")と心
筋梗塞の発症の関連を示した報
告が複数あります。2012年以降
もサマータイムが、心筋梗塞の
発症リスクを増やすことを示す
研究が発表されています。クロ
アチアでは3月の最後の日曜日
からはじまって、10月の最後の
日曜日で終わるのですが、2412
人の急性心筋梗塞患者を解析し
た結果、3月のサマータイム開
始後の最初の平日の4日間では
心筋梗塞の発症が1.29倍に、10
月のサマータイム終了後では1.
44倍になることが示されました。

 他の研究でも、特に春のサマ
ータイム開始時には同様の傾向
がありサマータイムで睡眠時間
がずれることで、数日間は心筋
梗塞の発症が何割かは増えると
言っていいと思います。1年間
のうちリスクが高くなるのは、
ほんの数日間で、相対リスクも
何倍とかではなく何割増しぐら
いなので、個人のリスクとして
は大きくはありません。しかし、
制度としてサマータイムを導入
するとほぼ全国民が影響を受け、
分母が大きくなるぶんだけ影響
も大きいと言えます。 しかも、
他国の研究は1時間ずらした影
響を見てますので、もし2時間
ずらすとなると悪影響も大きく
なるでしょう。

 サマータイム導入となれば、
日本全国が影響を受けます。「
私は嫌だから参加しません」と
いうことが通じません。早寝早
起きが良いと思う人は自分で早
く起きればいいのです。サマー
タイム導入は、まだ検討段階で
決定ではありません。社会的、
経済的な影響に加え、医学的な
影響も考慮に入れて検討してい
ただくことを望みます。

サマータイム導入の弊害につい

て解説している動画です。

 

 

 

 

 



 高速で運転中に心筋梗塞を起
こすリスクが上がるのは危険で
す。笑













◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 TAVI用の生体弁使用で重篤有害事象が複数報告













 医薬品医療機器総合機構(PM
DA)はこのほど、経カテーテル
的大動脈弁留置術(TAVI)用の
生体弁使用で重篤な有害事象が
複数報告されているとして適正
使用を求める注意喚起を発しま
した。報告されている有害事象
は弁輪破裂や弁周囲逆流、アク
セス血管破裂などです。PMDAで
は添付文書を確認の上、十分な
リスク評価や総合的判断を行う
よう求めています。

 TAVI用生体弁の使用について
は、製品の重要な基本的注意な
どで、破裂などの合併症が予測
される弁輪の高度石灰化病変や
狭小なアクセス血管に関する記
載はありますが重篤な有害事象
の報告が後を絶たないという事
です。

 弁輪破裂を来した事例では、
自己弁輪径が大径と小径がある
TAVI用生体弁の中間径だったた
め、大径サイズを選択しました。
大径のTAVI用生体弁は問題なく
留置されましたが、デリバリー
システムを抜去した際に、血圧
低下と心タンポナーデ、大動脈
基部などの解離が認められた事
から、開胸術に移行しました。

 別の事例では、無冠尖と左冠
尖に石灰化を認める病変に対し
てTAVI用生体弁を留置したもの
の、無冠尖から弁周囲逆流が認
められ、心不全が悪化したとい
うことです。

 PMDAは、報告された有害事象
は適切な術前診断などによって
回避可能なケースもあるとして、
TAVIを検討する際は治療に携る
スタッフと複数で、患者さんの
危険因子を評価し、必要な準備
をした上で、慎重な手技、もし
くは他の治療法を選択するなど、
総合的に判断するよう求めてい
ます。

TAVIについて解説している動画

です。

 

 

 

 



 会費は回避不可能です。笑












◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記




 夏の間、標準時を1~2時間
早める、サマータイムの導入を
政府が検討するという報道があ
りましたがサマータイムの実施
で、心筋梗塞のリスクが上がる
というのは、知りませんでした。
1年間のうちリスクが高くなる
のは、ほんの数日間で、相対リ
スクも何倍とかではなく何割増
しぐらいなので、個人のリスク
としては大きくはないと言って
も、制度としてサマータイムを
導入するとほぼ全国民が影響を
受け、分母が大きくなるぶんだ
け影響は大きく、しかも、他国
の研究は1時間ずらした影響を
見ているので、もし2時間ずら
すとなると悪影響も更に大きく
なることは心配されます。サマ
ータイム導入となれば日本全国
が影響を受けます。「私は嫌だ
から参加しません」ということ
が通じず、早寝早起きが良いと
思う人は自分で早く起きればい
いというのは正論であると思い
ます。
 経カテーテル的大動脈弁留置
術(TAVI)用の生体弁使用で重
篤な有害事象が複数報告されて
いるというのは由々しき事態で
あると思います。 だからこそ、
適正使用を求める注意喚起を発
したのでしょうが、患者さんの
身体の負担を極端に減らすこと
ができる反面、このような有害
事象がおこるのは残念としか、
言いようがありません。TAVI用
生体弁の使用については、製品
の重要な基本的注意などで破裂
などの合併症が予測される弁輪
の高度石灰化病変や狭小なアク
セス血管に関する記載はありま
すが重篤な有害事象の報告が後
を絶たないということですから、
TAVIを検討する際は治療に携る
スタッフと複数で、患者さんの
危険因子を評価し、必要な準備
をした上で、慎重な手技、もし
くは他の治療法を選択するなど、
総合的に判断するよう切にお願
いしたいと思います。

 行う家事の内、洗濯を選択す
る。笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。