診療マル秘裏話  Vol.833 令和1年11月27日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次
 
1)乾癬の患者が着やすい洋服を作るプロジェクト
2)受診者の内陽性と判定の人に異常なしと伝える














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】乾癬の患者が着やすい洋服を作るプロジェクト












 体に赤い発疹ができる皮膚の
病気、「乾癬」の患者が着やす
い洋服を作るプロジェクトが立
ち上がり、16種類の試作品が披
露されました。乾せんは、薄い
皮に覆われた赤い発疹が頭やひ
ざなど体のあちこちにできる皮
膚の病気で、患者団体によりま
すと、見た目に悩んで外出をた
めらうなど、社会生活に支障が
出ることもあるということです。

このため、患者団体とアパレル
メーカーが患者さんが着やすい
洋服を作るプロジェクトを立ち
上げ、11月1日夜、東京渋谷で
患者さんなどおよそ100 人を前
に試作品を披露しました。

試作品はシャツやズボンなど合
わせて16種類が用意され、塗り
薬の油がつきにくい布を使った
り、はがれた皮膚が落ちないよ
う袖口などが絞れるようしたり
と、デザインに工夫が凝らされ
ています。

患者団体の大蔵由美さんは「お
しゃれは楽しめないと諦めてい
た患者が多いので、こうした動
きが始まったというだけですで
に感動しています。乾癬の患者
だけでなく、肌に悩みがあるす
べての人たちに優しい洋服がで
きればうれしい」と話していま
した。

このプロジェクトでは、今後、
患者からの意見をさらに募り、
来年には完成させて販売したい
としています。

乾癬の症状と原因について解説

している動画です。

 

 

 

 



 原発は違憲との意見に耳を傾
ける。笑











◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 )受診者の内陽性と判定の人に異常なしと伝える













 東京都足立区は11月1日、20
18年度に実施した大腸がん検診
で、受診者のうち「陽性」と判
定された107人に、「異常な
し」と伝えるミスがあったと発
表しました。検診を行った医療
機関の一部が受診票に「陰性」
と間違って記入したためで、区
では受診者に謝罪し、自己負担
なしで精密検査を行うとしてい
ます。発表によると、検診は40
歳以上の区民を対象に227の
医療機関で実施し、4万6747人
が受診しました。各機関は、受
診者の検体を調べた検査会社の
判定を受診票に書き入れて受診
者に通知しましたが、このうち
陽性を陰性と記入したミスが60
機関計107人分見つかりまし
た。区が10月、陽性と判定され
た人に精密検査を促した際にミ
スが発覚しました。

 大腸がん検診は2005年度から
実施しており、区は過去の年度
でも同様のミスがあった可能性
もあるとみて調べています。

大腸がん検診について解説して

いる動画です。

 

 

 



 八角が有用なスパイスである
ことが発覚。       笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















編集後記





体に赤い発疹ができる皮膚の
病気、「乾癬」の患者が着やす
い洋服を作るプロジェクトが立
ち上がり、16種類の試作品が披
露されたということは喜ばしい
ことです。乾癬についても若い
人達は良く知らないというのが
第一印象でしょう。乾癬を疥癬
と間違える人も多いようです。
乾癬は、自己免疫性疾患と言い
自分の身体に免疫が反応してし
まうという病気です。一方疥癬
は、ヒゼンダニによって起こる
感染症です。名前が似ていても
区別する必要があります。最も
紛らわしい名前を作るのを止め
るという努力も必要かと思われ
ます。乾癬に対してはビタミン
Hであるビオチン散の投与が行
われます。疥癬に対してはイベ
ルメクチンという特効薬があり
ます。
 東京都足立区は11月1日、20
18年度に実施した大腸がん検診
で、受診者のうち「陽性」と判
定された107人に、「異常な
し」と伝えるミスがあったと発
表したのは残念なことです。偽
陰性と言って、本当は陽性なの
に陰性というのは、本当に罪作
りな話だと思います。機械が、
異常なしと言ってきても、異常
あるかもと疑ってかかる必要が
あります。伝える際にもう一度
確認するということをしないの
でしょうか?施設では、疥癬が
発生した時に、患者さんの皮膚
のKOH 法で鏡見することにこだ
わる施設があります。KOH 法で
鏡見しても検出率40%ですから、
偽陰性が多すぎて話になりませ
ん。「おしゃれは楽しめないと
諦めていた患者が多いので、こ
うした動きが始まったというだ
けですでに感動しています。乾
癬の患者だけでなく、肌に悩み
があるすべての人たちに優しい
洋服ができればうれしい」と話
しています
 
 強権発動で、鏡見するという
のには、反対です。    笑
















************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。