診療マル秘裏話    号外Vol.847 平成29年4月27日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★













目次

1)ヒトiPS 細胞由来心筋組織が血管内に脈圧を生む
2)ギャンブル 依存症の人は、不必要にリスクを冒す















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆







 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。










1】 ヒトiPS 細胞由来心筋組織が血管内に脈圧を生む










 東京女子医科大学は3月30日、
下大静脈周囲に移植したヒトiP
S 細胞由来心筋組織がその拍動
に伴い血管内に脈圧を生み出せ
ることを見出し、心筋組織移植
の循環補助への応用の可能性を
示したと発表しました。 この
研究は、同大学先端生命医科学
研究所・同医学部循環器内科の
松浦勝久准教授らの研究グルー
プが同大学心臓血管外科と共同
で行ったものです。同研究成果
は、国際科学誌「Scientific R
eports」オンライン版に同日付
けで発表されています。



重症心不全に対する新たな医療
として、ヒト多能性幹細胞由来
心筋細胞を用いた再生医療研究
が世界的に進められています。
心筋細胞移植の効果としては、
その拍動に伴う循環への補助が
期待されますが、心臓への移植
による解析では心臓自体が拍動
していることから、移植心筋の
物理的効果が必ずしも明らかで
はありませんでした。

拡張型心筋症や陳旧性心筋梗塞
など、左心系の機能不全に伴う
心不全だけでなく、右心系の、
機能不全に対しても補助循環の
開発が期待されています。中で
も先天性心疾患のひとつである
単心室症は、フォンタン手術に
より生命予後は改善しています
が、手術後にはこれまで心臓が
担ってきたポンプ機能がなくな
るため、特に、肺高血圧を伴う
症例では、静脈の鬱滞を来し、
肝臓線維化、蛋白漏出性胃腸症
や血栓症などの合併症が課題と
なっています。


 研究グループは、同大学発の
細胞シート技術およびiPS 細胞
大量培養技術により、ヒト心筋
組織開発を行い、心臓再生医療
や疾患・創薬研究の応用を推進
します。 今回、ヒトiPS 細胞
由来心筋シートを、免疫不全ラ
ット下大静脈に、チューブ状に
移植することで、移植した心筋
組織の拍動が下大静脈内圧へ及
ぼす効果について検討を行いま
した。

研究グループは、心筋シートを
免疫不全ラットの下大静脈を包
むように計6枚移植しました。
下大静脈周囲には、肉眼的およ
び超音波を用いた観察でも拍動
が観察され、組織学的にも500
μm を超えるチューブ状心筋組
織が構築されました。移植心筋
組織の遠位部と近位部を結紮す
ることで下大静脈の基礎内圧を
上昇させ、ラット鼠径静脈より
挿入したカテーテルを用いて下
大静脈内圧を測定すると、移植
心筋組織の拍動に伴う血管内の
内圧変化である脈圧が観察され
ました。更に、下大静脈の基礎
内圧上昇に伴い、移植心筋組織
拍動による脈圧が増大すること
も確認しました。これは、フラ
ンクスターリング則と呼ばれる、
負荷の増加に伴い、心拍出量が
増加する生体の心臓に、準じた
特性を、ヒトiPS 細胞由来心筋
組織も有することを示すもので
す。 また、移植後のヒト心筋
組織は、同期間培養した心筋組
織に比して成熟度が高く、さら
に時間依存性に成熟度が高くな
ることも明らかになり、分化誘
導直後は幼弱であったiPS 細胞
由来心筋組織が生体内で成熟し、
機能性が向上することが示され
たということです。

今回の研究は、ヒトiPS 細胞由
来心筋組織移植を用いた新たな
循環補助治療の可能性を示すも
のです。単心室症に対する新た
な治療法に繋がると同時に、重
症心不全における心臓へのiPS
細胞由来心筋組織移植において
も、不全心筋を補助して直接的
に機能向上に貢献すると期待さ
れています。

ヒトiPS細胞由来の心筋細胞が

拍動している様子です。



 信金が、心筋保護のプロジェ
クトの資金面を担う。   笑












◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆












2】 ギャンブル 依存症の人は、不必要にリスクを冒す












 ギャンブル依存症の患者さん
は無理をしなくてもよい場面で、
不必要にリスクを冒してしまう
傾向が強いことが検証実験で分
かったと、京都大の高橋英彦准
教授(精神医学)のチームが,4月4
日付の英専門誌電子版に発表し
ました。

 チームは、「千円ほどの負け
でも取り返すしかないと思い、
不要なギャンブルを繰り返すの
ではないか」と分析しています。

 脳の特定の部位で活動の低下
も確認されたことから、これま
での心理療法に加え、脳に電気
等の直接的な刺激を与える治療
も有効ではないかとみています。

パチンコ依存症についての動画

です。



 芙蓉の花は不要と言われた。














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記


 下大静脈周囲に移植したヒト
iPS 細胞由来の心筋組織がその
拍動に伴い血管内に脈圧を生み
出せることを見出し、心筋組織
移植の循環補助への応用の可能
性を示したと発表したのは偉大
な業績です。今回の研究はヒト
iPS 細胞由来心筋組織移植を用
いた新たな循環補助治療の可能
性を示すものであり、これだけ
でも素晴らしい成果と言えます
が、更に単心室症に対する新た
な治療法に繋がると同時に、重
症心不全における心臓へのiPS
細胞由来心筋組織移植において
も、不全心筋を補助して直接的
に機能向上に貢献する事に期待
したいと思います。
 ギャンブル依存症の患者さん
は無理をしなくてもよい場面で、
不必要にリスクを冒してしまう
傾向が強いことが検証実験で分
かったということは、裏返すと
不必要にリスクを冒さないよう
にすれば、治療可能ということ
になります。脳の特定の部位で
活動の低下も確認されたことか
ら、これまでの心理療法に加え、
脳に電気等の直接的な刺激を与
える治療も有効と考えられ早期
の臨床試験が望まれます。千円
ほどの負けでも取り返すしかな
いと考えているのを、この程度
の負けで落ち着いてよかったと
思えるようにしてあげたいもの
です。実際の心理療法はむずか
しいと思いますが、患者本人が
理性的になるよう心がけること
がもっとも重要なことだと私は
考えています。

 法廷審理で心理療法の適応を
示唆される。笑









************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。