診療マル秘裏話   号外Vol.988  平成29年10月8日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★












目次
  
1)米国人気歌手レデイ・ガガさんが線維筋痛症公表
2)100歳以上の高齢者が、6万7824人で最多を更新














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 




 
 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 








  
1】 米国人気歌手レデイ・ガガさんが線維筋痛症公表











 12月からの活動休止を宣言
していた米国の人気歌手レディ
ー・ガガさんが9月12日、全身
の筋肉に強い痛みやしびれを感
じる「線維筋痛症」に苦しんで
いることを自ら公表しました。


 ガガさんは、これまで慢性的
な痛みに苦しんでいることを明
かしていましたが、病名を公表
する事で「関心を高める助けに
なり、同じ病気を抱える人とつ
ながることができたらいい」と
ツイッターに書き込みました。

 線維筋痛症は、筋肉や関節等
全身に痛みを発症し、体を動か
せなくなることや横に寝られな
くなることもあるという事です。

このニュースのニュース動画

です。

 

 

 



 新製品を公表したのは、好評
でした。笑














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆















2】 100歳以上の高齢者が、6万7824人で最多を更新













 100歳以上の高齢者が9月
15日時点で6万7824人に
上り、47年連続で最多を更新
したことが15日、分かりまし
た。厚生労働省が住民基本台帳
を基に集計し、敬老の日を前に
公表しました。女性が88%を
占め、昨年の同じ時期と比べ2
102人増加しました。男性も
30人増えました。
 100歳以上の人数は統計を
取り始めた1963年に153
人だったのが、98年に1万人
を突破しました。2007年に
3万人台に達し、この10年間
で倍増しました。
 人口10万人当たりの100
歳以上の人は53.43人です。
都道府県別で島根が5年連続の
長寿1位となる97.54人で、
鳥取92.11人、高知91.
26人などが続きます。 一方、
高齢者率が低いのは埼玉32.
09人、愛知35.01人、千
葉37.83人の順でした。
 国内最高齢は鹿児島県喜界町
の117歳、田島ナビさんです。
男性は北海道足寄町の112歳、
野中正造さんです。
 今年度中に100歳を迎える
人は350人増の3万2097
人(男性4636人、女性2万
7461人)に上ります。厚労
省は「長年にわたる社会貢献に
感謝する」とし、自治体を通じ
てお祝い状と記念の銀杯を贈呈
します。

このニュースのニュース動画

です。

 

 



 銀牌を銀杯に入れる。笑











◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記



 12月からの活動休止を宣言
していた米国の人気歌手レディ
ー・ガガさんが繊維筋痛症だっ
たとは、夢にも思いませんでし
た。線維筋痛症は、神経障害性
疼痛ですから、ミノマイシンが
有効であると思います。病気の
原因は、食生活にあると私は考
えています。食生活が乱れる事
で免疫の機能が低下します。そ
して病原体が侵入して炎症を引
き起こし、ミクログリア細胞が
増えて神経細胞に働きかけて、
痛みの回路ができてしまうとい
う訳です。食生活だけではなく
睡眠不足や不規則な生活も免疫
の機能を低下させてしまいます。
容易に病原体に侵入されない様
に免疫の力を向上させる生活の
習慣を身につけましょう。
 100歳以上の高齢者が9月
15日時点で6万7824人に
上り、47年連続で最多を更新
したことことは喜ばしいことで
す。しかし生命の寿命より健康
寿命を伸ばして頂き、ピンピン
コロリの生き方ができるのが、
一番幸せではないでしょうか?
生命寿命がいかに長くても寝た
きりの期間が長く、生活の質が
著しく障害されているとあまり
幸せとは、思いません。しかし
寝たきりの方がおられるのは、
事実ですから、ユマニチュード
のような人間らしい介護を心掛
けることで寝たきりの方の生活
の質も大いに向上するものと信
じています。寝たきりだからし
ょうがないと諦めてしまわずに
人間らしい対応をお願いしたい
と切に願う次第です。

 基幹の機関が定める期間。笑








************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」http://www.mag2.com/m/0000121810.html 
(イジニイワト)

発行者名  医療法人永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト http://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。
ただしお友達への転送はご自由はご自由です。