疲労には2種類あって、生理的疲労と病的疲労がその内訳です。

6月4日に神田古書センターで疲労についての講義を行いたいと思います。
病的疲労は、文字通り病気で、疲労専門外来に通院しなければ、治りません。
生理的疲労は、いわゆる我々が疲れたという状態で、一晩ぐっすり眠れば、疲労がとれるものを言います。
一般の人には、生理的疲労が非常に重要ですが、慢性疲労症候群や繊維筋痛症で、お悩みの方も少数ながら、いらっしゃいます。
今回の講演では、こうした疲労に関する知識を取り上げたいと思います。

このセミナーご出席の皆様には、疲労に対する知識を深めることによって、是非とも幸せになって頂きたいと私は考えております。
そのためには、セミナー後にご連絡が必要になる方が必ず出てきます。
ご参加の方の、セミナー後の、ご連絡を円滑にするためにも、こちら↓の先行予約フォームよりご予約下さい。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/987db03c437233