がんの治療

がんの治療法について、わたしなりに解説してみたいと思います。

現在、日本全国の病院で行われているがん治療には、標準治療というものがあります。これは、以下の3つに集約されます。

  1. 手術療法
  2. 化学療法(抗がん剤の治療)
  3. 放射線療法

しかし、これらの治療法は、患者さんの体に大きな負担を強いる治療法と言えます。
特に2.と3.の治療は、やりようによっては、患者さんの負担を少なくすることが可能な治療なのですが、そういった工夫は、現在、全く行われていません。工夫を行わない治療が、患者さんに押し付けられている現状があります。治療現場の医師たちも、治療の成功を信じてこうした患者さんの体の負担が大きい治療をされていることは、理解できるのですが、押し付けになってしまうと、治療がうまくいかない確率が非常に高くなってしまいます。

そのため、私は、患者さんに、体の負担が少ない治療を提案してきました。しかしながら、上記のような病院の治療を強いられると体がボロボロになってしまい、後から負担の少ない治療を行おうとしても、もう時すでに遅しという状態になっておられる方がたくさんおられました。是非、体に少ない治療を優先的に行われることをおすすめします。

具体的には、クリニックにご足労頂いてから、お話させて頂きますが、私のやっている治療の一端を申し上げますと、がん幹細胞を叩く治療であります。そのため、余り再発や転移の心配がありません。また体への負担が少ないので、継続することが容易であると言えましょう。ただし、適応になるがんの種類が限られています。どのがんにも効くわけでは、ないので誤解なきようお願いしたいと思います。薬の副作用によって治療の継続が出来ない場合を除いて、次のがんの種類では、非常に高い効果が得られる可能性が高いと思われます。脳腫瘍を除く、頭頚部の扁平上皮がん、乳がん、胃がん、膵臓がん、前立腺がん、大腸がん、膀胱がん、白血病、骨肉腫、卵巣がん。

私のクリニックにご足労頂く前に、見て頂きたい動画を以下に紹介します。

ついでに奇跡の乳酸の動画をご覧下さい。この環状重合乳酸(活性乳酸)も、がん幹細胞を死滅させることが可能なのです。環状重合乳酸は、上記のように癌種を選びません。つまり、どのがんにも効くということです。ただし、病気の勢いが強い場合や前の治療で体がボロボロになっている場合は、思うような効果が得られないこともあります。しかし、身体の中で分解されても、乳酸ができるだけです。乳酸は、疲労物質ではなく、エネルギー源であることが、最近の疲労の科学で分かって参りました。そのため副作用もほとんどないと言われています。

最後に、最近導入されたAWGという医療機器についての説明動画です。当クリニックでも、前立腺がんの方や、乳がん骨転移の方で著効した例がありました。AWGという医療機器がいかにして生まれたかについて述べられています。