糖尿病の診断と治療

糖尿病は、血管の病気です。

血管を構成するコラーゲンやエラスチンなどの蛋白質および脂質が糖化反応を起こすことで、動脈硬化が進みます。すると血管の弾力性や柔軟性が失われ、重篤な合併症(網膜症、糖尿病性腎症、神経障害、壊疽など)を引き起こします。

某病院の循環器内科で糖尿病を経過観察されていた患者さんがいらっしゃいました。その患者さんのお話を聞いてみましょう。

○○病院で処方されたお薬では、数ヶ月内服したにも関わらず、ヘモグロビンA1cは、11.0から10(NGSP値)までしか下がらず、○○薬局のすすめで皿沼クリニックを受診することに決めました。 皿沼の先生の薬を飲み始めて2ヶ月で、ヘモグロビンA1cの値は、5.9まで下がりました。本当に驚いています。

この患者さんは、75歳以上であるにも関わらず、ビグアナイド系の危険な血糖降下剤が処方されていました。これを副作用が少ない薬に変えて丁寧に食事指導を行ったところ劇的にヘモグロビンA1cの値が改善しました。

また違う病院の患者さんでは、インシュリンが合計で一日70単位処方されていました。

この方の場合、過量のインシュリンをインシュリン分解酵素が分解しようとがんばります。このインシュリン分解酵素は、認知症の原因物質のβ-アミロイドを分解する酵素でもあります。

過量のインシュリンを分解している間に、β-アミロイドが分解されなくなり、認知症を発症する可能性が高くなります。

この患者さんでは、ご家族の方に適切な食事療法をお教えしてインシュリンの量を引き下げました。それと同時に、認知症の症状が出始めていたため、認知症のお薬を処方しはじめました。

そういったきめ細やかな診療を心がけておりますので、他の医療機関で、ヘモグロビンA1cの値が下がらない方でも診療させて頂きます。

冒頭で述べた悲惨な合併症を引き起こさないためには、糖化反応を抑える手段がなければなりません。薬で糖化反応を抑えることは、現在、難しいと言われています。そこで当クリニックでは、適切な血糖降下剤とインシュリンの処方に加えて、糖化反応を抑えるサプリメントを内服して頂くという治療を提供することができます。

糖尿病の血糖コントロールがうまくいっていない方は、ぜひ当クリニックの糖尿病治療を受けるために、ご足労頂きたいと考えております。

最後に糖化反応抑制のサプリメントは、美容目的でも絶大な効果を発揮することを申し述べておきます。

その効果は、化粧品での糖化抑制効果よりはるかに強力です。当クリニックで扱うサプリメントの内の一つは、特定の医療機関にしか商品を卸さないものとなっております。

糖尿病をお持ちの方、あるいは食後血糖値が高い方で美肌を目指される方は、ぜひこの貴重なサプリメントのご購入をご検討下さい。

更に、糖化反応を抑えるだけではなく、糖化反応でできてしまった、糖化最終産物を分解するサプリメント、および膵臓のβ細胞(インシュリンを分泌する細胞)を細胞内小器官であるミトコンドリアの活性化を促進することで、保護して、糖尿病の改善が期待できるサプリメントなども近日中にクリニックで提供できる予定でおります。

乞うご期待。