診療マル秘裏話  号外Vol.2249 令和3年10月18日作成

作者 医療法人社団 永徳会 藤田 亨




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











目次
 
1)口の中の特定の細菌が、大腸ガンの発生に関与
2)膠原病に伴う肺疾患に関する意識調査実施する














◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆









 医療界のトピックスを紹介するこのメールマガジンは
1週間に1回の割合で発行しています。もっと回数を増や
して欲しいという要望もあるのですが、私の能力のなさ
から1週間に1回が限度となっています。これからも当た
り前の医療をしながら、なおかつ貪欲に、新しい知識を
吸収し読者の皆様に提供してゆきたいと思っております。
不撓不屈の精神で取り組む所存ですのでどうかお許し下
さい。

 









 
1】 口の中の特定の細菌が、大腸ガンの発生に関与
















 鹿児島大医歯学総合研究科の
研究チームは9月21日、口の中
の特定の細菌が大腸ガンの発生
に関わっている可能性があるこ
とを発見したと発表しました。
将来的には唾液検査で大腸ガン
の早期発見が期待されるという
ことです。

 研究は同大と同大病院、大阪
大の共同研究で、7月に国際学
術誌に掲載されました。大腸ガ
ン患者さんと健康な人計約10
0人から唾液と便のサンプルを
採取した結果、大腸ガン患者さ
んの唾液と便からは共通して4
種類の細菌が検出されたことが
判明しました。一方で、健康な
人のサンプルからはこの細菌が
そろって見つかることはありま
せんでした。

 発表では、今回の研究により、
この細菌が大腸ガンの発生に関
与している可能性があることが
分かり、「今後、唾液の検査に
よる大腸ガンの発見やリスクを
検知することができるようにな
るかもしれない」としています。
同科の杉浦剛教授は「口の中の
細菌を管理することによる大腸
ガン予防についても研究を進め
たい」と話しました。

大腸ガンについて解説している

動画です。

 

 

 

 



 太閤検地は、正しかったとい
う見地に立って、その後の危険
を検知した。       笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆














2】 膠原病に伴う肺疾患に関する意識調査実施する















 日本ベーリンガーインゲルハ
イム株式会社は9月21日、膠原
病患者さん200 人を対象に、膠
原病に伴う肺疾患に関する意識
調査を実施した結果を発表しま
した。調査目的は、膠原病患者
さんにおける間質性肺疾患や肺
線維症などの膠原病の合併症に
対する意識の把握です。調査期
間は,2021年8月26日~9月1日、
インターネットによる調査が行
われました。

 「新型コロナウイルス感染症
(武漢熱)が感染拡大してから、
呼吸器疾患(肺の病気)への関
心は高まりましたか」という設
問に対し、「とても高まった」
32.5%、「やや高まった」38.5
%であり、約7割の患者さんが
呼吸器疾患に高い関心をもって
いることが分かりました。また、
知っている呼吸器疾患を患者さ
んが選択する設問では、肺炎、
喘息、肺ガン等は9割程度が知
っていると回答した一方、間質
性肺疾患は58%、肺線維症は35
%と低い結果でした。

 さらに、間質性肺疾患や肺線
維症を知っていると回答した患
者さんに対し、膠原病に伴う間
質性肺疾患および肺線維症のど
んな病態を知っているかを尋ね
た設問では、「肺の間質に炎症
が起こり、肺の間質(肺胞とい
う袋の壁)が固くなって(線維
化)、呼吸がしづらくなる病気」
が72%であった一方、「慢性の
痰を伴わない乾いた咳が出る」
33.6%、「病気が進行し呼吸機
能が低下した患者さんには、在
宅酸素療法などの薬以外の治療
を行う必要がある」は27%と低
い結果でした。これらの結果か
ら、膠原病患者さんにおいては、
その合併症の病態を知っていた
としても、重症化などの深刻な
予後のリスクまで認識できてい
ない可能性があることが明らか
になりました。

 膠原病の合併症に対する情報
入手に関する設問において、65
%が高い関心を持っていると回
答し、71%が深く理解したいと
考えていると回答していました。
一方、膠原病の合併症に関する
情報が十分に得られていると答
えた患者さんは31%に留まりま
した。また、病気や治療の情報
入手先について、最多は「医師」
(51.5%)、続いて、「病院・
クリニックのウェブサイト」(
41%)、「医師や病院からもら
う患者向け病気に関する資料」
(40%)、「一般のニュースサ
イト」(35%)という結果でし
た。

 膠原病は、自己免疫異常によ
り血管や結合組織に炎症がおこ
る病気のグループの総称で、関
節リウマチ、全身性エリテマト
ーデス、全身性強皮症、多発性
筋炎/皮膚筋炎、シェーグレン
症候群、混合性結合組織病など
があります。膠原病の代表的な
疾患である関節リウマチは60~
100 万人の患者さんが罹患して
いると推定されています。しか
しながら、膠原病であることに
気づかず、適切な診断に結びつ
かないケースも報告されていま
す。

 間質性肺疾患は、肺の間質に
起こるさまざまな病気の総称で、
200 を超えるさまざまな病気が
含まれます。 代表的なものは、
「原因不明の間質性肺炎(特発
性間質性肺炎)」「膠原病に伴
う間質性肺疾患」「過敏性肺炎」
「サルコイドーシスなどを含む
その他の間質性肺疾患」などで
す。間質性肺疾患のうち、線維
化により呼吸がしづらくなる病
気を肺線維症と呼び、長期間「
空咳」が続いたり、軽い運動で
息切れがする「労作時の息切れ」
が現れます。同社は、「9月の
肺線維症月間を起点に、膠原病
の合併症である間質性肺疾患や
肺線維症を啓発する活動も行う」
としています。

間質性肺炎の診療について解説

している動画です。

 

 

 



 機転を利かせることを起点に
社内改革を行う。     笑















◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆













編集後記



 鹿児島大医歯学総合研究科の
研究チームが9月21日、口の中
の特定の細菌が大腸ガンの発生
に関わっている可能性があるこ
とを発見したと発表したのは、
素晴らしい業績です。この特定
の細菌を使ってのガン検診が、
一刻も早く行われることを期待
したいと思います。また、この
特定の細菌が、他のガンの原因
になっている可能性についても
調査して頂きたいものです。腸
内細菌の研究は、奥が深いと思
いました。
 日本ベーリンガーインゲルハ
イム株式会社が9月21日、膠原
病患者さん200 人を対象に、膠
原病に伴う肺疾患に関する意識
調査を実施した結果を発表した
のは、患者さんの意識を知る上
で素晴らしい企画だと思います。
間質性肺炎や肺繊維症について
も、もっと関心が持てるよう、
今後の啓蒙活動に期待したいと
思います。武漢熱重症化の病態
も間質性肺炎と言われているの
で、啓蒙活動は極めて重要です。

 コンゴレッド染色を今後使っ
てゆきたい。       笑














************************

このメールマガジンは以下の配信システムを利用して
発行しています。
  解除の手続きは下記ページよりお願い致します。
「まぐまぐ」https://www.mag2.com/m/0000121810.html
(イジニイワト)

発行者名  医療法人社団 永徳会 皿沼クリニック院長 
藤田 亨
職業    医師の箸くれ(はしくれ)
運営サイト https://www.eitokukaisalanuma.or.jp/
ご意見・ご感想・励ましのお便りお待ちしております。
sara2162@atlas.plala.or.jp
このマガジンの掲載記事を無断で転載・使用すること
を禁じます。